2011年11月08日

汝は無限億万長者である!

自分が無限億万長者である事を否定する人は、無知か虚言である。

まずは、この資料に目を通して頂きたい左斜め下
EPSON807.JPGEPSON806.JPG

EPSON809.JPGEPSON808.JPG

EPSON814.JPGEPSON813.JPG

EPSON816.JPGEPSON815.JPG

お分かり頂けただろうか。
健康体であるという事は、それだけで無限億万長者なのだ。
もし、「健康ではない」というのなら、
それは現象(幻影)を実在だと錯覚しているからである。

「実相の世界」には肉体や物質や病気や死は存在しない。
真我に目覚める為には、実相の世界を観る事である左斜め下
EPSON744.JPG

「真の自己」が完全なる健康体である事を認識する事が第一である。
これで、「汝は無限億万長者である」の意味が理解できただろうか。
だが、現金で億の金は持っていないという反論があるかも知れない。
しかし、獣はそのような捉え方はしていない。

「経済支配による獣の世界支配計画」で次のように述べた左斜め下

世界中の経済を我が物にする方法が1つだけ存在する。
それは……天人合一である。
世界と一体になった瞬間に、世界経済を所有した事になるのだ。

http://messiah666.seesaa.net/article/226281529.html

df365d8c.bmp

また、2年前から「獣神示」で繰り返し言及してきた通り、
汝が認識する宇宙は汝の意識の投影であり、汝自身である。
それ故、汝が五感で感じる外側の大宇宙は汝自身であり、
汝以外のものは存在せず、万物も万人も汝の部分的側面なのだ。

その事は、バシャールが説く『あなた=宇宙』を観れば分かりやすい。


従って、汝は全宇宙の支配者であり、世界経済も汝の手中にあるのだ。
故に、汝は事実上、「無限億万長者」なのである。
ちなみに、獣の腎臓はいくらで売れるだろうか(笑)
話を進めるが、無限億万円の価値を認識しなければ宝の持ち腐れとなる。

今の地球の一般的な物の見方をすると、
今の獣は億万長者どころか10万円も持っていない。
だが、本質論からすると「無限億万長者である」と言うのが正直で、
「無限億万長者ではない」と言えば嘘つきとなる。

15134s3.jpg

ここからが重要な問題だが、この現象界で、
実際に元金がなければ支払いも出来ないし、生活も出来ない。
獣が長らく極貧生活を余儀無くされていた理由は、
度々書いてきた通り、意識進化の為に魂が選択したプロセスだった。

具体的に言うと、慢心と欲望と執着を徹底的になくす為で、
当時に、経済について徹底的に考える期間が与えられていたとも言える。
少なくとも、それを「体験」する必要があった事はよく理解できた。

mian_img.png

今後の世界征服では、必要な時に必要な無限億万円を手にする事になるが、
その話はさて置き、ある程度安定した収入は誰にでも必要である。
その為には、一体どうすれば良いのだろうか……。
「働け!」という声が聞こえて来そうだが(笑)、
相変わらず働きに出られないようになっている。

窮地に追い込まれてバイトに行こうとする度に、
必要金額の支援があってバイトを免れたり、
以前も研究所への支払いの為にバイトに行こうと思っていると、
担当者に「なるべくバイトに行かなくていい方向で何とか……」と、
バイトに行く事を止めようとされた(笑)

バイト(笑)
p1360_0.jpg

メンマ大王にも「獣が就職とかしたら人生諦めた思ってしまう」と言われた。
もちろん、就職は確実に向いていないので絶対にする事はないが
「どのようにしたらお金が手に入るか」という事が問題なのだ。

どのようにしたらお金が入るか……獣の場合だと、
計画しているビジネスを早く始動させて成功させる事や、
目先で言えば本物アイテムの拡販や、誰かがお金を返してくれるか、
貸してくれるか、寄付してくれるか……色々な方法がある。

k5472509.jpg

獣の考えでは、生活の為に働いて収入を得るのは正しい事ではない。
自分がするべき仕事(使命)はあくまでも無償の奉仕であるべきで、
生活に必要なお金は天から降ってくるような生き方が理想である。
下のESP新聞を見てもらえれば、獣の思想が分かる。
豊かで楽しい生活をする為に、収入を得る手段を考えたり努力をしない。

その代わり「世界征服によって自分を救済する事を常に第一」に考え、
その為の金策は必要だが天にお任せというスタンスでいるのである。
「世界征服によって自分を救済」とは、人類救済と同義語である。
獣の世界には獣しか存在しないので、獣の世界の人類は「獣」自身なのだ。
親鸞も最期にその事を悟り、次のように言い残して他界した。

「阿弥陀仏の本願をよくよく考えると、それは親鸞ただ一人を救う為のものだった」

004-972b2.jpg

とりあえず、やるべき事をたんたんとやる事が人間の努めだが、
どのような方法でお金が入ってくるかは人間には知る余地がない。
従って、ビジネスを成功させて稼ごうとか、本物アイテムを密売して資金を作ろうとか、
そのような考え方は「宝くじが当たりますように」という神頼みと本質的に変わらない。

問題は、無限億万円をどうすれば物質化して手に入れる事が出来るかである。
サイババやヒマラヤの聖者のようなレベルに到達して、
空間の素粒子を物質化して札束にするのも1つの方法である(笑)

cc8d65361b5893a2211d6dd99d827901.jpg

手に入れる手段や経路は天のみぞ知るであり、
どうすれば手に入るかという法則を知りたいのだ。
ややこしい話だが、意味がお分かりだろうか。

マーフィーやザ・シークレットなどが説くゴールデンルールは
獣も知っているが、それらは金銭を求める祈りに通じる事になり、
獣的にはそれは避けなければならない。

CABW9HRM.jpg

それを避けた上で経済的自由を手に入れる為には、
まだ人々が知らない高次元の法則を発見する必要がある。
「錬金術」を本職とする獣は、その法則(賢者の石)をこそ求めていた。

そこで、獣が求めていた回答をバシャールが説いていたのを発見した。
前半は獣には当てはまらない話だが、後半はまさに獣の為の回答だった。

その答えとは……


「あなたが財政的に豊かになる為に、自分に価値を置いて下さい……」

これは決して、世間一般で言う「自分に値打ちを付ける」という意味ではない。
当然ながら、自分を特別視したり、傲慢になったりするという意味でもない。
ブログでしか獣を知らない人は意外に思うかも知れないが、
獣には自尊心や慢心はなく、極めて謙虚で低姿勢である。
だが、真の自己(本尊)に対しては崇敬の念を持ち、尊重し、
そして絶対的な価値を置いて信仰している。

それが「我れ最高の神なり」の心境である。

t02200293_0450060010639191581.jpg

バシャールの話を聞いて、獣が得た回答、確信した事は、

「今のままで良い」

という事で、シンクロは起こるべき時に起こるべくして起こる…
という今までの考え方も間違っていなかった事を改めて確信した。

以前、「汝は鏡の中のマリオネットである!」という記事を書いたが、
バシャールもこの世を鏡に喩えている。
実体のない物は鏡に写らないという事は、
内面にないものは現象界に現れないという事である。
つまり、無限億万長者である事を自覚していれば、
今のままで良いという事である。

獣は読んでいないが、こんな本もある
book357.jpg

真我は、全知全能の創造主にして見通しの神である。
そして、魔法使いであり錬金術である。
ベクトルが定まっている以上、鏡の中のマリオネットである
人間凡夫は「あるがまま」でいる事が正しいと再認識できた。
今回のバシャールの教えに出会えたのも「シンクロ」と言えるだろう。
と同時に、昨日も載せた『日月神示』の言葉が脳裏に浮かんだ。

「何事に向っても先づ感謝せよ。ありがたいと思へ。
始はマネごとでもよいぞ。結構と思へ。幸と思へ。
そこに神の力 加はるぞ。道は感謝からぞ。
不足申せば不足うつるぞ。心のままとくどう申してあろうが」

「現在を祝福することは過去を、未来を、総てを祝福することぞ。
たとへ如何なる現在も、その現在を祝福せねばならん。
喜びせねばならん。喜びもとと申してあらうがな」

「一切に向って涙せよ。ざんげせよ。
一切を受け入れ、一切を感謝せよ。
一切が自分であるぞ。一切が喜びであるぞ」


posted by 獣 at 22:25| Comment(6) | 5次元に導く「獣神示」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんわ。

申し訳ありませんが獣さんが就職されるというイメージがわきませんね。

私の場合、24歳から2年数ヶ月もの間、就職してた時期がありますが正直言って無理でした。私は褒められて伸びるタイプであり、怒られるのは苦手です。私は口で言われてわからない人間なんですから蹴られてもわかる筈がありません。また団体行動とかチームワークとか言われても私はマイペースな性格です。

人には向き不向きがあるから無理は体に悪いし、金を得るために健康を害するのは本末転倒ではないかと思っております。

Posted by 九郎 at 2011年11月09日 00:51
九郎さん、こんばんわ^^

ワタシは、その本末転倒な事をスパルタ教育されて、結果、30歳の時ミスターカーメン(包帯男)になりました。なんか、身体を悪くなった時の入院費や治療費を稼ぐ?為にトコトン頑張る?のが我が家のアホ計画でした。マックスでカーメンだった時、親は見舞いの度に、万札を置いていき、しばらく経つとちょっとした札束になりましたが、この時ほど、金の無意味さ(全く動けないので、使いようがない)を思い知りました。後、物凄くバカにされたような、金ではどうしょうもない事態なのに、それしかできない悲しい性みたいな虚しさも感じました。

本当の財産とは、したい時に、したい事ができる状態が、無限億万長者っぽい気がします。(忍)

>子供の頃、親戚が集まって「億万長者ゲーム」をしてた時、
ワタシは意味も分からず「産業スパイ」という透明の駒?で遊んでました。
http://www.heboreal.com/archives/20040110_0000.shtml
Posted by 総裁越楠 at 2011年11月09日 01:43
エックスさん、こんばんわ。

全身包帯とはなんと凄まじい話ですね。
もしかして代々武術か何かを伝承されてる家系なのでしょうか。
子供のころからスパルタで教えこむとか。
エックスさんの体は現在は回復されてるのでしょうか?

Posted by 九郎 at 2011年11月10日 00:35
九郎さん、こんにちわ^^

武術なんて全く縁のない家系ですが、両親の家系は、尾張中島連・楠木氏の流れなので、
いわゆる「まつろわぬ民」(権力に従わない)鬼とか天狗とか忍者とか言われた!?家系のようです。
http://www.nakashimarekishi.com/item/
http://blog.goo.ne.jp/tommz_1938/e/101270879521fc25d4a11061d7d67c85

スパルタ教育は、忍者的思考、精神、忍耐力、等々。
親の口癖は「とにかくバレるな!、紛れこめ!、目立つな!」でした。
タフ過ぎて、自殺も過労死もなく、病院に行っても理解して貰えず(バレるな!?)なので、
最終的に、極限まで疲労の溜まった筋肉組織に、全身凍傷を負ってしまい、Mrカーメンになりました。

現在は、閣下の超人アイテムと長年の独自研究により、かなり回復しています。(閣下に感謝)
外見からは全く普通人と同じ感じです。
毎年、冬はいろいろ痛むので、対策を思案中です。

九郎さん、御心配、誠に傷みいります。(忍)^^
Posted by 総裁越楠 at 2011年11月10日 09:54
総裁のお体のことは、わたしも少なからず心配していますょ・・・
言葉にすると、余計なお世話って怒られそうやもん・・・

でも、わたしもものごころついた時から、「逃げろ。隠れろ。正体をつかまれるな。笑うな。お前には許されてない。」という男の声が聞こえていたのです。
みんな、公の場では、そういうものだと思っていたのですが、そうではないと5,6年前に気づき始めました。

あれは、何なのでしょうね。
家族の中でも、わたしだけです。

破地獄さんも、系図からは秦氏であると確認できなくて、でも魂の内なる声が聞こえているのなら、それは魅入られたというか、選ばれたと観念するしかないでしょう。

機関はあくまで霊体ですから、現実の存在はそれ以下です。

あ、閣下、すみません。
T細胞のHNも飽きたので、次のを考えていたら、『フォグストロン』なんて、メッチャ進化に効きそうで、いいなと思ったのですが、本物研究所的に商標を侵す心配はないでしょうか?
Posted by T細胞 at 2011年11月10日 11:55
やはり、九郎さんと僕は似てますね^^;
九郎さんも就職向いてないんですか・・・
開業医とかですか?

僕は総裁の実相(完全なる健康体)を観るように努めます^^
Posted by 獣 at 2011年11月10日 12:26
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。