2011年11月05日

スウェデンボルグが説く「良心」と「意識進化の法則」と「最後の審判」

世の中には「意識進化」にまだ関心がない人が多く、
「意識進化してどうするの」と言う人や、「魂の向上」と言うと鼻で笑う人がいる。
獣は親に教わった訳でもなく、2歳の頃からそのような事ばかり考えていたので、
意識進化に無関心な人の気持ちが分からない。

魔道に入っていた時代もスピリチュアルな勉強や修行をしていたし、
要は二重人格だった訳だが、
「いずれ必ず軌道修正して天に還る」という信念を持っていた。
獣はあまりにも純粋だった為、ある霊能者に言われたように
「闇の世界を経験する必要があった」という事だと納得している。

Kaioh1.jpg

良心に従うという事は、良心が傷つく事をしないという事である。
それは「悪い事をしない」という事なので、船井氏の話も伊藤氏の話も通底するが、
ただ単に悪いと思う事をしないという意味ではない。
「見ないふり」「聞かぬふり」など、良心が痛む事をしないという事と、
「自分がやりたいから」世のため人のために行動を移す事も含まれる。
それは末法の現代に於いても、誰が考えても当たり前の正しい生き方であろう。

「見ないふり」や「聞かぬふり」は獣もよくするが、それは状況によりけりである。
獣は無意味な事や無駄な事に無視するスタンスなだけで、
人が困ってSOSを出している時は無視するはずもない。
もし、それで無視する場合は、それは相手に考えさせる為、
または自立させる為だったりする。

それは直感的なものなので、当然ながら頭で考えて判断する訳ではない。
それは薄情ではなく大慈悲だが、少なくとも良心が傷む事はしない。
良心が傷む事は散々してきたから、もう懲り懲りなのだ(笑)
意図的に人を傷つけて自分の胸を傷める事を繰り返すのは愚か者の極みである(笑)

t02200220_0501050010796496583.gif

奉仕と言うと、「世のため人のため」という観念がつきまとう。
「世のため人のため」と思ってする奉仕は偽善という事になる。
「人にした事は自分に返ってくる」という見返りを期待しての奉仕も、
当然ながら偽善である。
そのような奉仕は偽善の心が反射して、自分に災いをもたらすだけである。

本当の奉仕活動は、自分がやりたいからやるだけである。
つまり、「情けは人の為ならず」である。
最初からその領域に到達している人などいないが、
ババジやサイババや『日月神示』も「奉仕」を説いている。
要するに、良心に従って、「自分の為」という認識を持って、
自分に出来る範囲内で喜びを感じる奉仕をしていけば良いという事になるだろう。

page70_1.jpg

善を行うという事は高次の快の行動で、
それは最終的に「究極の自己中心主義」に到達する。
左脳はエゴ(利己愛)の脳、右脳はエヴァ(利他愛)の脳と言われており、
結局、左脳と右脳を統合する事がキーとなっている。
そして、内観によって、左脳による善悪の基準もリセットする事である。

禅定の菩薩会の資料には次のように書かれている。

仏教には「有漏業」「有漏善」という言葉があります。
「漏」というのは煩悩のことですが、有漏善とは、たとえ善き行為であっても、
それには必ず自我執着心という煩悩が伴っているという事です。
たとえばボランティアなどのように、表層心理では善い事をしようと思って、
善い事をしたつもりになりますが、これは間違いです。
末那識の段階まで探って、よく分析してみると、
その多くは自分の為であることに気が付きます。
この事を意識して、家庭でも、
会社でも日常生活を送る習慣がつくとかなり生き方が変わってきます


E382BBE382A4E383B3E38388E382B8E383A3E383BCE383A1E382A4E383B32.jpg

さて、ノストラダムス、ぢゃなくて、スウェデンボルグの話に戻すが、
ノアの大洪水で滅亡した人類を「アンティデルヴィアン」という。
大洪水後の人類は、生き延びたノアの末裔だが、オコツトの話に基づけば、
大洪水後の人類の魂は「アンティデルヴィアン」の生まれ変わりという事になる。
それでは、スウェデンボルグの話を紹介していこう。

我々の良心とは何なのか

現代の我々は良心なんてごく分かりきったことだと思っている。
また、良心は人類誕生の頃からあったものだと思っている人がほとんどだろう。
しかし、良心はアンティデルヴィアンの時代に初めて登場した新しい心の働きなのだ。
皮肉な言い方に聞こえるかも知れないが、黄金時代に良心のようなものは不要だった。
良心は人間がアンティデルヴィアンの時代に堕落して悪くなり過ぎたがために、
初めて生まれたものなのだ。
泥棒のいない国に巡査は不要だろう。
泥棒が出てきて初めて巡査が必要になるのとこれは同じである。
初めにアンティデルヴィアンたちの堕落とは、本質的にどんなものだったのか。
堕落した彼らの世界はどんな世界になったのかといったことをみておこう。
彼らの堕落の本質は霊的、天国的な知覚を失った結果として、意志と認識を分裂させ、
それが時代とともに認識のほうまで自分勝手な解釈で歪めていった、霊的、天国的な
真実を自分に都合のいい真実にしていったということである。
これはアダムとイブが“理性”にだけ傾き過ぎたことからくる当然の帰結であった。
だから、本質的にはアダムとイブの堕落と変わらないものだったが、
黄金時代の残光のすべてがなくなった洪水直前には、
その様相が最低のところまで落ちていたという事である。
意志と認識を二つに分裂させ、天国的な善より自己本位な考えや認識を
一旦優先させるようになれば、その考えはどこまでも自分に都合のいい善が
彼には真理となってくるのも当然の成り行きである。
こうなれば、すべては石が浮いて木が沈むという正邪真偽の転倒が起こる。


egoist-sunglass.jpg

さらに彼らは、いまや理性で自分本位に考えた真理を第一とする人々になっていた。
彼らがどのように都合のいい真理を作り出したかは、一々例を上げれば限りないが、
最も代表的なのは、彼らが神になった事であった。
私は霊界で彼らの霊と何度も会ったが、その霊たちはみな自分は神だと信じていた。
彼らは、私に次のように決まって主張したものである。

「神はアダムの鼻に神の霊を吹き込んだ。
これは聖なる神がその聖なる性質のすべてを人間に移したということである。
だから、人間がこれと同時に神になったのであり、
神はその時に人間にすべてを移したことで存在しなくなった。
だから神は存在せず、神は我々である」


ここは重要な事なのでよく覚えておいて頂きたいが、人間が神である事は事実だが、
それは人間の本質である「真の自己=真我」が神という事で、それを「内在神」という。
「自分」だと認識している自我は、むしろ「悪魔」と言っても過言ではなく、
自我の自分を「我れ神なり」と思うのは真理の捏造、傲慢、妄信、
狂気のカルトスターという事になる。
「自我=悪魔」ではないが、自我は物質次元に向かう肉体感覚の意識で、
それが低い善を選び、悪に繋がるという事である。

f917ee06.jpg

良心が背負った役割

次に、良心の誕生という人類の歴史の上で一つの出来事についてみてみよう。
良心は前にも述べたように、なくてすめばそれにこしたことはないものであった。
しかし、虚信ばかりがはびこった洪水直前の頃には、
良心というものがどうしても必要になってしまった。
では、良心とは一体どんな役割を背負ってこの時代に登場したのであろうか。
良心の役割を知るには、アンティデルヴィアンの腐敗を先程述べたところより
もう一歩突っ込んでみる必要がある。
まずアンティデルヴィアンの腐敗は、彼らが意志と認識を一つにしてしまったことによる。
意志と認識の分裂から堕落が始まったことは、これまで繰り返し述べてきた。
しかし、腐敗のどん底に至って、洪水直前のアンティデルヴィアンたちは
実はこの両者をまた一つにしてしまっていたのである。
ただ、その一つにした仕方が黄金時代とは全く違っていた。
黄金時代には、意志は愛、善行を内容とする意志であり、
それが信、真理とひとつになっていた。
その後、これは二つに分裂し人間の堕落がスタートした。
しかし、洪水直前になると、今度は同じ意志でもそれは憎しみや悪への意志となり、
それと信(正確には虚信)や真理(正確には偽り)が一つになった。
彼らが自分たち本位の立場(つまり自分たち本位の意志)から、
いろいろな真実を捏造したというのは、つまりは黄金時代とは全く違う意味で、
彼らが意志と認識を一つにしたということであった。
このような腐敗を救う方法にはどういう方法があるであろうか。
唯一の方法は、認識と悪い意志とを切り離すことであろう。
あの家は留守だという認識と、泥棒に入ろうという悪い意志が結びつけば犯罪につながる。
しかし、この両者が切り離されていれば、問題は起こらない。
実は良心はこのように認識と悪い意志を切り離す役目を持って、
ここに新しく登場したのであった。
良心の働きと認識や意志の関係は黄金時代的な霊的、天国的知覚などとは違って、
今の我々にも馴染みのものだから誰にでも容易に理解できよう。


gizen_img_03.jpg

現代人はアンティデルヴィアンと殆ど変わらないほど堕落しているが、
スウェデンボルグが霊界で見てきた彼らの様子を載せておこう。

「聖なるものを自分勝手な考えから汚してしまった彼らは、
霊界では人間の姿さえしていなかった。
彼らはどう見ても幻影か影としか見えない存在で、
痴呆になったような様子であちこちとさ迷っていて、
それから地獄に投げ込まれていくのだった。
地獄でも彼らは人間の姿をしておらず、
同じ地獄の霊の中でも最下等の存在といってもいいもので、
そのため一人前とは認められず“それ”と呼ばれていた。
彼らは時に地獄に天国からの光が差し込むと、
その時には骸骨の姿に見えるのだった。
彼らの中には自分が投げ込まれた地獄から抜け出そうとする者もいた。
しかし、そういう時には、ほかの同類たちがよってたかって
彼をいじめ、捕らえ、虐待するのであった。
その様相はまるで野獣のようであった。
自分を神にし、他人への支配欲などを善として生きていた彼らは、
死後はその心情を一層むき出しにしていた。
だから、このようなことも当然、彼らの地獄では起きていたのである」


CA338484.jpg

現代人の多くがアンティデルヴィアンと化している事がよく分かるだろう。
自分を神にするというのは、自分の意識を「自分」だと思う事を意味する。
また、その錯覚が妄信、慢心で、強い自尊心や高いプライドを生み出す事になる。
他人への支配欲とは、他人を自分の思い通りにしたいという欲望である。
それが「素」の状態になると、地獄のアンティデルヴィアンのようになるのだ。
そして、それが多くの現代人の正体であり、
真我を発見するまでの内観の過程がどれだけ辛い事か分かるだろう。

早い話、人類の99%は、肉体を持った幽霊や悪霊だと言っても過言ではない。
地獄は幽界の一部で、罰として落とされる世界ではなく、自ら行く世界である。
この世で犯罪を犯した人間が地獄に行くという単純なものではなく、
地獄的想念を持っていれば地獄に行く事になる。

また、その想念を無視したり隠したりしていても、
心の奥底に抑圧していれば、それが本性という事になる。
厳しい話だが、それが現実であり、その原因は「無知」だからである。
「善悪を知る木の実」を食べ過ぎて左脳偏重(体主霊従主義)になり、
霊的真理に無知、霊的盲目、霊的白痴になっているという事だ。

3085.jpg

スウェデンボルグは次のように述べている。

「私が繰り返し述べてきていることの一つは、
現代の我々は本当の知覚とは何かを知らなくなっているということである。
知覚とは“物事の外面の姿を突き破って本当の意味を直感的に捉える”ということである。
しかし現代では、外面の姿を知ることが知覚だと解釈されている。
これでは“物事を突き破ってあるものを手に入れる”という
知覚(Perception)という言葉の語源の意味からは全く外れてしまっている。
知覚それ自体をみると、それは心の一番深いところに差す一条の光のようなもので、
その光は物事を理解、認識しようとする時に発せられる光である。
この光には理解、認識できたという感情が伴っているが、
この感情は動物では本能と呼ばれ、人間では直感ないし直観と呼ばれているものである。
しかし、この直感は現代人の場合にはかなり歪んでしまった。
現代人は良心などというものを持っていて、
あれやこれやと考える中で良心という物差しに照らしてやっと正、不正を判断している。
しかし、こういう直感が霊的、天国的レベルに達していたアダムたちは
そんな良心などという面倒なプロセスを経ずともたちどころに正確な判断ができていた。
なぜ、我々の直感がそれほど退化してしまったか、
一言でいえば人間が物質界的なことや利己的なことに強く関心を持つようになって、
天国や霊的世界を含めた全てのバランスの中でものを理解しなくなり、
直感もそれに伴って歪んでしまったからである。
だから今日の我々は、霊的な直感とか霊的、天国的な知覚能力とかは失ってしまっている」


law4a.png

船井氏は「……そういう長い歴史を経て、人類の中の良心というものが、
高められ築き上げられてきたわけです」
と言っているが、
良心が高められてきたという事は、裏を返せば、
それだけ人類の堕落化が進んで来たという事である。

従って、これからノアの大洪水のような「最後の審判」が起こる事になる。
ノアの大洪水は「水の洗礼」だったが、今回は「火の洗礼」である。
正確に言えば「火と水の洗礼」で、
人間界ばかりではなく三千世界の大改造だと言われている。

CA338482.jpg

スウェデンボルグは霊界で「最後の審判」を目撃し、次のように述べている。

検査の霊によって、一人一人の霊の本当の姿が明らかにされることが、
最後の審判のスタートだった。
これによって、霊たちはごく大ざっぱにいえば、
善悪両種類の霊に分けられ、善良な霊は別の場所に移された。
これが終わったあとで、巨大地震が第一霊国全体に起き、それが何回も続いた。
こうなると、霊たちもみな審判が近づいたことに気づいた。
そして、彼らはみな恐怖に震えた。
巨大な地震が終わると、次には地下からの噴火が起き、
これが地上に吹き出して市街をめちゃくちゃに崩壊させた。
だが、これだけでは終わらなかった。
噴火に続いて、すごい強風が東の方から吹き、建物などを基礎から吹き飛ばした。
次に、地下の穴ぐらなどに隠れていた者も全て引き出され、海に投げ込まれた。
海は真っ黒な海であった。
海に投げ込まれた霊の数は何百万という数であった。
このあとは、もう市街のあった地域一帯から煙が立ち上り、
それは大火災の後のようであった。
次に塵の雲が風に吹かれて、海の方へ流れ海上を覆った。
この塵は、霊たちが自分では宝物としていたものが塵になったものであった。
塵が霊たちの投げ込まれた海上を覆った理由は明白である。
彼らが宝物としていたものが塵に帰され、それが海上を覆ったことは、
彼らに「天の理」の処罰が下ったということを意味するからである。
……要するに、このような審判によって霊界は大きな整理が行われ、
それぞれの霊はそれぞれ自分が最終的に住む場所に送られたのである。
私はこの時の最後の審判が終わった日の日記に、こう書いている。

『バビロンはかくて完全に崩壊した。
バビロンの崩壊は1756年終わりから、57年はじめにかけて始まり、
昨日と今日で全部が崩壊した。今日は1757年1月6日である』


CA338483.jpg

人間界は霊界の写し鏡であり、霊界で起きた事が人間界に移写される。
スウェデンボルグが霊界で見た「最後の審判」と比較すると、
『日月神示』の予言がよく分かる。

「元の神代に返すというのはたとえでないぞ」

「残る臣民三分難しいぞ。三分と思えども二分であるぞ」


また、「それぞれの霊はそれぞれ自分が最終的に住む場所に送られた」というのは、
パラレル・アースの移行を思わせる。

101222_0247_01.jpg

さて、スウェデンボルグは次のように結論づけている。

「人類は黄金、白銀、青銅、鉄という四つの時代を経てきた。
1757年の最後の審判の後では何の時代に入るのかと思っている人もいよう。
結論を言えば、私は次の時代は再び黄金時代がやってくるのだと考えている。
人類は黄金から鉄までの四つの時代を繰り返すものだと考えているからで、
鉄時代のあとは再び黄金時代が繰り返されるというわけである。
では、再度の黄金時代に入る人類はアダム時代のような素晴らしい時代を
再び迎えるのであろうか。
この答えは、理屈から言えばイエスである。
しかし、本当にその理屈通りにいくのか否かといわれると必ずしもそうとはいえない。
アダム時代は、それ以前にはプリアダマイトという純朴な先人を持っていただけだった。
しかし、現在の我々は、プリアダマイトとは違う様々な人類を先祖として持っている。
1757年の審判で霊界に整理が行われ、暗い雲が払われたのは理屈の上では確かであるが、
それを額面通りに評価できるわけでもないからである。
またさらに、デカルト以来いよいよ強くなってきた、いわゆる科学的思考といわれる
外面的な要素もますます強まっているのが今の時代である。
果たして、人類は黄金時代をとり戻すのか、
とり戻し損ねて白銀、青銅、鉄の時代を時計の針を一挙に縮めた形で
猛スピードで通り過ぎ、もっと訳の分からない時代に突入してしまうのか。
最後の審判の影響自体が数百年のタイム・ラグを経なければ現れないものゆえ、
この事に対する回答はまだまだ先にならないと誰にも分からない」


101222_0254_03.jpg

だが、「最後の審判」の時代に突入した今、答えは明白となっている。
黄金時代を再び迎える事は間違いないが、
それはアダムの時代のそれとは全く違う世界である。
科学や物質文明を極めた上での黄金時代の回帰であり、
アダム時代の世界より高い次元となるのだ。
また、人類は堕落を極めて悪を知り、それが善に回帰する訳なので、
アダム時代の善よりも高い次元となるのである。

簡単に言うと、人類は左脳を最大限に使って、能力や文明を開花させたが、
それが再び右脳と統合する時代に入ったという事である。
その高度に進化した知性・意識は、宇宙観の認識を変容させ、
我々の肉体や周りの物質・空間まで変容させていく可能性がある。
それを「半霊半物質の世界へ移行」とも言えるし、
「5次元に上昇」や「アセンション」とも言える。

0101.jpg

結論として、人類が堕落した原因は「左脳偏重」であり、
左脳は物質主義ゆえに自分の肉体と心を「自分」だと錯覚する事から始まり、
利己愛や我欲を満たす事に幸福を感じるようになったという事である。
スウェデンボルグが説く「良心が誕生した経緯」から考えると、
良心に従って生きる事は間違いなく正しい。

そして、獣にも良心がある。という事は、
獣の意識レベルはエデンの楽園の時代の人間以下なのだろうか。
否、例えば、善悪の分別も良心も意識しない「最初から純粋な善のみ」の
アダム時代の人間には、『日月神示』のような神示は降ろせないだろう。
善悪の分別が出来た上で善悪を統合した人間が5次元に上昇できるのである。
「善悪二元論」に基づかない縄文時代の宇宙観への回帰と言っても良いだろう。

200810_23_14_d0063814_1015696.jpg

左脳と右脳を統合して内観する事で、善悪の観念や価値観をリセットし、
「真の自己発見」をする事である。
それによって、自他の関係を悟り、
「真の利他愛=真の利己愛」に基づく本当の奉仕が出来るようになる。
そう考えると、真我に目覚めずに本当の奉仕は出来ない事が分かり、
真我に目覚める為には右左脳を統合する事が最低条件である事も納得できるだろう。

善悪をリセットした結果、時として、
今までの善人の仮面を外す事になる場合もあるだろう。

111024_1607~01.jpg

良心に従った結果、善と思っていた事が、
悪だったという事に気づくケースも少なくないという事だ。

41t2hQpfMzL.jpg

宇宙真理に基づく善悪は、人間界の法律や道徳とは無関係であり、
自分が勝手に構築してきた常識に基づく善悪の価値観でもない。

CAHA353H.jpg

また、スウェデンボルグに基づく今回の話は、
コルマンインデックスの理論と一致している事に注目して頂きたい。
posted by 獣 at 03:56| Comment(6) | スピリチュアル・心理学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
閻魔大王といえば、恐れるべき名前でしたが、閣下がとても閻魔大王をお好きなので、わたしも好きになりました。
丹後の成相寺で見て、六波羅密寺でも見ました。

わたしは閣下の影響を強く受けてます^^
Posted by T細胞 at 2011年11月05日 14:11
総裁の親も偽親友も、皆「善人は何故、周りの人を不幸にするのか?」
を徹底的に極めたような人達でした。
自分本位の良心の欲求や不安を満たす為に、宗教や権威、善や本物や正しさ、を人を威圧、服従、攻撃する為に、最大限発揮するようなタイプでした。

今思うと、ワタシ自身があまりにも純朴過ぎたから目をつけられた訳であり、
それは分別を知らない最初の純善だったからだと思います。
そんな純善では、どんどん身を削る服従奉仕を迫られ、
現在のようなポンコツになったので、もう懲り懲りです。(笑)

0=9 即ち、最初の純善が0なら、数を重ねて(幾多の経験)9になった時、その9は0であるが、
前の0ではない、次元上昇した0である。

千葉から大阪に転校して来た時、当時の担任の先生に、
「この子は、純粋過ぎて、将来が大変不安です。」と言われたらしいです。
千葉=エデンの園くらい、純粋な友達に囲まれて育ったワタシですが、
意外と大阪でもイジメられる事もなく過ごしました。
しかし、偽善の魔の手に懸かってからはイジメより災難でしたが、、、。(苦笑)

結局、全身が志々雄真実になったのも、全ては0から9になる為であり、
分別を知った上での純粋な善・善悪統合を極める為だったと、今回の記事で再認識できました。

なので、偽善集団は、精一杯、偽善の御用をしてくれたと言う事で、一先ず感謝しています。(忍)
完全再生できたなら、もっと感謝できます。(忍忍)

総裁はロボ超人なので、不完全な良心回路で必死で闘うキカイダーが大好きです。(笑)
http://www.youtube.com/watch?v=nrD2l05Ggls
Posted by 総裁越楠 at 2011年11月05日 15:40
総裁の味わった苦しみは大きく、苦しみの種類は違ってもこころに受けた傷の深さは小川さんも同様なのでしょう。

わたしの苦しみはわたしが味わった苦しみであり、それは誰のものでもありません。
他人の苦しみは本人だけのもので、感じることはできても代われるものではないです。

しかし、この苦しみこそが自分なのだという安心感もあります。
決して消すことのできないこころの傷は、自分の中の癌細胞なのだと感じます。
それが自分の中に生まれなければ、生に目覚めることもなく、自分の体が大切な財産なのだとも気づかなかったです。
生まれて初めて目覚めれば、もう老いがそこまでやってきているのですが、生ける限り、生きているのだと実感し続けていきたいです。

そろそろ働き始めようと思います。
年内にどこかに就職できればいいのですが。

中学から好きなストーンズの一番好きな曲です。
http://www.youtube.com/watch?v=UFLJFl7ws_0

訳詩が載ってます。
http://moon999.way-nifty.com/blog/2007/08/part7_8563.html
Posted by T細胞 at 2011年11月05日 21:16
T細胞さん、コメント誠にThanXです。^^

癌細胞の記憶を、抱き参らせ、クリーニングして、
泰然自若に生きるのが理想です。

今の課題をクリアすれば、閣下のような境地に近づけるような気がします。

就職、上手く見つかるように、閣下の四次元ポストに願いを投函しときました。^^

ストーンズ聞いたら、18くらいの時、中古レコード屋のバイト時代を思い出しました。
忘れていた大事な感覚を呼び覚ませるキッカケになりました。(笑)

では、感謝の意を込めて、この曲をどうぞ。^^

Lynyrd Skynyrd   FreeBird
http://www.youtube.com/watch?v=VX3cbFJ3lYU&feature=related


神は、中心に宿る、、、、この言葉、身に染みます。(忍)
Posted by 総裁越楠 at 2011年11月05日 23:46
>左脳はエゴ(利己愛)の脳、右脳はエヴァ(利他愛)の脳と言わており、結局、左脳と右脳を統合する事がキーとなっている


お参りするとき手と手を合わせますが、左脳と右脳を統合することと何か関係あるのでしょうか?


Posted by 九郎 at 2011年11月06日 00:11
総裁、0(アダムの頃の黄金時代)=9(ミロクの世)という事ですね、なるほど!

九郎さんもなるほどですね!
確かに、右手は左脳と連携し、左手は右脳と連携しているので、手を合わせるのは両脳の統合に通じるかも知れません。
拍手を打つのも、両脳を覚醒させる意味があるのかも知れませんんね〜!
Posted by 獣 at 2011年11月06日 00:26
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。