2011年06月13日

「富士高天原王朝」降臨記

21歳の頃に『日月神示』を読んで、富士山に行きたいと思った。

「富士から流れ出た川には、それぞれ名前が付いている石置いてあるから、
縁ある人は1人ずつひろって来いよ、お山まで行けぬ人は、
その川でひろって来い、ミタマ入れて守り石といたしてやるぞ」


110613_0710~01.jpg

そして、「12年遅れている」と示されている通り、
それから12年後の33歳で富士山に行く機会を得た。

また、8年前のTHDの会報誌で船井氏が、
「富士浅間神社」を金運神社として紹介し、
この神社に来るとお金に困る事がないと言っていた。
富士浅間神社は獣が名古屋で住んでいた鬼ハウスの近所にもあり、
毎朝散歩がてらに参拝する事を日課にしていたが御利益はなく、
やはり富士山の本場に行く必要があると感じていた(笑)

110612_2024~01.jpg

また、6年程前に『宮下文書』の研究をしている時、
THDの企画で「宮下家を訪ねるツアー」があり、
申し込んだが抽選で落ちて行けなかった。
宮下氏の話によると、富士高天原王朝を樹立した民族は、
パミール高原から陸路と海路の二手に分かれて渡来したという。
だが、『宮下文書』には西の高天原「阿間都洲」と書かれており、
「パミール高原」とは書かれていない。

宮下氏はアリオンの話を元に『宮下文書』の説明をしており、
その事と「徐福と物部」についての話を聞き出したいと思っていた。
それで、今回の富士山に行く事になった時、
富士浅間神社の参拝と、宮下氏と対談する事を希望していたが、
宮下氏の阿祖山大神宮(富士太神宮)を調べても分からなかった。

asoyama.jpg

とりあえず、出発前夜に富士山について少し調べていると、
船井氏が「新屋山神社」も金運神社として紹介している事を知り、
「富士浅間神社」と「新屋山神社」に行くことにした。
だが、富士浅間神社は沢山あるのでどれか分からない。
恐らく、富士吉田市の「北口本宮冨士浅間神社」だろうと思った。
また、新屋山神社も同じ富士吉田市だったので丁度良かった。

富士山に向かう前夜、いつも通り夕食で白ご飯とワカメの味噌汁を飲んだ。
まず汁を一口飲み、ワカメ一切れとご飯を口に入れて噛み始めると、
口の中を思いっ切り噛んでしまった。
浅間神社に参拝するまで何も食べてはイケないという合図だと判断したが、
御父の手前、残す訳にはいかないので、とりあえずゆっくり噛んで食べた。

img_1264965_48083913_0.jpg

ちなみに、獣理論では3大本能の実践は神聖なる「神業」である。
食事は食物を媒介とした宇宙エネルギー(神の気)の摂取で、
交尾は陰陽合一、睡眠は死の予行練習である。
獣は『日月神示』が説く「ひふみの食べ方」で、
心の中で一二三祝詞を唱えながら食べている。

当然ながら、神業なので雑念を湧かせながら食べたり、
TVを観ながら食べるのは禁物だが、
獣の家では食事中、大体はTVがついているし、
親が話しかけてきたりするので、無心で食べるのは至難の業である。
そのような環境で、無心で食事をするのが獣の修行である。
昼は聖母とソバを半人前ずつ食べる事があるが、
「獣と一緒に食事をしていたら葬式みたい」だと言われる(笑)

sign.jpg

獣の部屋はもともと弟の部屋で、弟のパソコンは獣の部屋にある。
夜中、寝ようと思って横になると弟が入ってきて、部屋の電気をつけ、
わざとらしく大きな物音を立てて机の上や引き出しの中を片付け始めた。
これは「寝るな」という事だと判断し、寝るのを諦めて朝まで起きていた。
朝は食べない主義なので、食わず寝ずで高速バスで富士吉田駅に向かった。

DSC_0798.JPG

富士吉田駅から富士浅間神社に向かう「富士みち」
と呼ばれる参道の入口に「金鳥居」がある。

110612_2126~01.jpg

金鳥居の向こうに見えるのが富士山だが、
この金鳥居は俗世界と信仰世界の境界だとされ、
ここを歩いてくぐると富士山の信仰へと足を踏み入れる事になるという。

DSC_0800.JPG

人間界と霊界の間に霊線が張られているという先日の啓示を思い出し、
その謎を解いて人間界と霊界を融合する為に富士山に来たのだろうか……
などと考えていた。

110607_1049~01.jpg

110607_1050~01.jpg

DSC_0169.jpg

DSC_0170.jpg

DSC_0172.jpg

DSC_0173.jpg

昼は参拝後に名物の吉田うどんを食べるつもりだったが、
道案内のヤタガラスの提案で参拝前に「湯盛りうどん」を食べる事になった。
うどんの湯は富士山のバナジウム水なのでヘルシーである。
だが、禁止食品の鰹節と茹でたホウレン草が乗っていたので謝罪して食べた。

鰹節は魚肉だから禁物だが、酸化食品という面でも不健康食品である。
また、加熱処理をした野菜も原則として禁止食品である。
ちなみに、獣は普段はネギやタマネギやニンニクなども禁止食品に指定しているが、
何となく刻みネギを入れて食べた。

DSC_0171.jpg

何故、獣はネギやタマネギやニンニクを禁止食品に指定していのか……。
現代栄養学では、ネギやタマネギやニンニクは
血液をサラサラにする健康食材とされているが、東洋医学やアーユルヴェーダで
「血液を汚す」とか「精神的に良くない」とされているからだ。

一体どちらが正しいのか……。
ネギやタマネギやニンニクを食べると血流が良くなる事は認められているが、
それは一時的な現象で、あとで悪くなる可能性がある。
あくまでも可能性だが……。

DSC_0173.jpg

例えば、肉食は一時的に体温を上げるが、
血流が悪くなって、結局は元の状態よりも体温が下がる。
それと似たような原理かも知れない。
また、生食を原則として考えるとネギやタマネギやニンニクを大量摂取すると、
胸焼けや胃腸障害、口内の不快感が起きる。

少量摂取であっても、不食や少食をしていると、
ネギやタマネギやニンニクの摂取は不快感を覚える。
血流を良くする目的なら、コップ1杯の水を飲むだけで、
タマネギを食べたのと同等の効果がある事が認められている。

110612_2125~01.jpg

後で知ったのだが、獣が食べた「湯盛りうどん」は、
その店だけが出しているオリジナルで、パンフレットによると、
体の中から身を清めるという意味が込められた神聖なうどんだったらしい。
まぁ、縁起物という事で結果オーライである。

DSC_0801.JPG

話を進めるが、12時ジャストに北口本宮冨士浅間神社に到着した。
8年前から行きたかった念願の神社だったが、
金運に関しての願い事はしていない。
北口本宮冨士浅間神社は富士山の噴火を鎮める為に建立されたそうなので、
『日月神示』に基づいて富士山が噴火しないように祈願した。

次、富士山が噴火したら世界が全滅すると言われているので、
獣が富士山に来た最大の使命は噴火鎮圧祈願だったのかも知れない。
奇しくも、行きたかった神社が、富士山噴火鎮護の神社だった訳である。
http://messiah666.seesaa.net/article/209230009.html

DSC_0174000.jpg

次に、新屋山神社に向かった。
ここも船井氏が金運神社として紹介している神社である。
所在地が富士吉田市という事は分かっていたが、
詳しい場所は調べておらず、どこにあるのかは全く知らなかった。
だが、「右方向の近くにある」というインスピレーションを得た。

しかし、そこは「本宮」で、
船井氏が金運神社として紹介しているのは「奥宮」だった。
奥宮は富士山の二合目まで行かないとイケないので、
とりあえず今回は本宮だけ参拝する事になった。
本宮を参拝せずに奥宮に行くのは本末転倒である。
また、船井氏が紹介した事によって奥宮の参拝客が増えたそうだが、
恐らく人々の欲望の波動が渦巻いて、聖域ではなくなっている。

DSC_0802.JPG

とりあえず、本宮に行って、ここでは素直に財運UPを祈願した(笑)
但し、我欲ではなく、「世界征服の為に財運が上昇気流に乗りました」と祈った。
世界征服とは、文明の転換と世界平和の実現による世界改造(地球維新)である。
また、願い事は過去完了型でするのが基本である。

また、目の前に祀られている神に願い事をするのではない。
物質的には目の前に神が祀られているのだが、
祈りはあくまでも自己の胸中で行うものである。
参拝後、流れで祈祷を受ける事になった。

DSC_0809.JPG

少し前の日記で、外貨を近所の神社の賽銭箱に捨てた話をしたが、
富士山に行く前夜、別の場所からも外貨が出てきたので、
富士の神社参拝の際の賽銭として持って行った。

ちなみに、「祓う」と「払う」は通底しており、
お金を払うのも「厄祓い&福祓い」となる。
つまり、物を買ったりなど交換的に払うお金ではなく、
賽銭や寄付、税金などは厄祓い&福祓いなのだ。
福祓いの重要性は以下の通りである。
http://jinja-bukkaku.seesaa.net/article/185321696.html

2011_06_07_13_48_19.jpg

尚、本殿に天狗の仮面が祀られていたのが気になった。
次に、『日月神示』の話を思い出して川を探した。
だが、富士山には川はなく、地下水として流れているので、
富士山から直接地上を流れている川はないとの事だった。

『日月神示』のウソツキ!笑
北口本宮冨士浅間神社にあったように、
人工的な水路はあったが、どこから運ばれてきた石か不明である。

DSC_0839.JPG

そして、富士みちの御師宿坊に泊まった。
DSC_0841.JPG

2011_06_07_15_54_07.jpg

御師とは、浅間神社の神職を務めながら、
信仰目的で富士山に登る「道者」の案内や宿泊を賄った人の事である。

2011_06_07_15_54_15.jpg

獣が泊まった宿坊は400年以上前に建てられた古い民家だが、
最近NHKで紹介されたらしい。
DSC_0843.JPG

しかし、獣は今年に入ってから3人目の客だった(笑)

2011_06_07_15_54_29.jpg

部屋に案内されると、不気味な日本人形が2体置いてあり、
そのガラスケースの上にフランス人形が置いてあった。
気味が悪いので、エネルギーを送って浄化した。
下に降りると、家のオバチャンが色々な説明をしてくれた。

2011_06_07_15_54_54.jpg

その中に、天狗のような人物が描かれた古びた絵があった。
それは猿田彦に違いないが、富士山にも天狗伝説があるようだ。

また、その家の敷地で発見されたという
神秘的な石が祀られていたので触りまくった(笑)
2011_06_07_14_57_34.jpg

その日、宿坊の玄関に写真が飾られている先達も宿泊していた。
2011_06_07_15_55_30.jpg

そして、その先達と一緒に夕食をする事になり、
素泊まりのはずが豪華な料理が並べられた(笑)
米と味噌汁以外、全て獣の禁止食品だったが、
食べない訳にはいかないので謝罪して感謝して食べた。
また、食事と飲酒は同時にしない主義だが、
勧められるままに日本酒を沢山呑んだ(笑)

2011_06_07_19_06_51.jpg

食事中、町内の人もやって来た。
先達が来る日は近所の人が集まるらしい。
で、宮下家について訊ねると、知らないと言われた。
宿坊の何軒か隣にも「宮下」という家があったが、
この辺にはそんな名前の人はいないと必死で否定された。
他にも、宮下という名前の看板や表札を何度も目撃していたので、
何かを隠しているようにしか思えなかった。

DSC_0840.JPG

また、食事をしている部屋に猿が描かれた絵が飾られていた。
DSC_0844.JPG

先達は「コノハナサクヤ姫は猿に導かれて富士山に登った」と説明した。
猿がコノハナサクヤ姫を導いたというのは、
ヤタガラスがイワレヒコを導いた話を基にしているように思われる。
また、富士山が発見されたのが申(サル)の年だったとも言っていたが、
それはどう考えても後世の創作であろう。

「天狗」と関連して考えると、猿は「猿田彦」を象徴していると思われる。
また、猿は桃太郎の勢力で、申は艮(丑寅)の反対の方角である。
また、コノハナサクヤ姫が能面で描かれているが、能のルーツは秦氏にある。
その話をすると先達は話を逸らしたので、やはり何かを隠しているようだ。
獣の話が理解できなかったりとか、論争になるような話を避けていた
という事もあったと思うが、何かを秘密にしているような感じだった。

2011_06_07_21_19_41.jpg

また、先達は「富士山=コノハナサクヤ姫」と言い切っていた。
だが、獣説ではコノハナサクヤ姫は富士山には来ていない。
仮に来ていたとしても、それ以前から富士山が存在したのだから、
「富士山=コノハナサクヤ姫」という事は有り得ない。

確かに、富士登山の起点となる北口本宮冨士浅間神社の祭神は
「コノハナサクヤ姫」で、富士山を信仰する道者にとっては
「富士山信仰=コノハナサクヤ姫信仰」なのだろう。

110613_0707~01.jpg

だが、コノハナサクヤ姫が富士山の火口に投身した話を信じたり、
「富士山=コノハナサクヤ姫」と定義するのは、
自ら迷信の世界に閉じ籠もっているのと同じである。

そして、徐福が発見したという不老不死の薬草や実を漬けた、
自家製の酒を呑ませてもらった。
2011_06_07_19_13_55.jpg

そこで、徐福について獣が話し出すと、やはり話を交わされた。
富士吉田は織物の町らしいが、機織りのルーツは秦氏である。
また、京都の吉田神社が秦氏の神社である通り、吉田姓は秦氏である。
つまり、富士吉田は秦始皇帝に派遣された徐福(秦氏)の町なのだ。
獣の質問や意見を否定したりスルーしていたのも頷ける。

獣説では、七福神は基本的に徐福伝説から生まれたものだが、
実際に富士山周辺には七福神が多く見られ、宿坊にも七福神が飾られていた。
しかも、食事中に飛び入り参加した町内の人は頭が長くて、
七福神の福禄寿にソックリだった。
2011_06_07_20_10_59.jpg

その他、3時間以上も様々な話をしたが、酔っ払って覚えていない(笑)
翌朝起きると、フランス人形が下に落ちていた。
触った覚えはないのでポルターガイストである。
また、獣は弥勒菩薩像と阿修羅像を富士山に埋める為に持って来ていた。
かつて、毎日向きが変わるという超常現象を起こしていたフィギュアである。
http://jinja-bukkaku.seesaa.net/article/150248163.html

超常現象と言っても、低級なポルターガイスト現象ではないのは確かなので、
政木理論で言う8次元の作用による奇跡現象である。
これを富士山か何処かの神社に埋める予定だったが、
朝のインスピレーションで、宿坊の石が祀られている所に祀ってきた。
それによって、今まで処分に困っていた2体の神像の処分に成功した(笑)
110608_0402~01.jpg

そして、青木ヶ原に向かい、富岳風穴に行った。
http://messiah666.seesaa.net/article/209264210.html
110608_0633~01.jpg

次に、青木ヶ原の樹海を30分ほど歩いて氷穴に向かった。
110608_0633~02.jpg

青木ヶ原は自殺の名所で、年間100体くらいの遺体が発見されるそうなので、
死体だらけのイメージがあったが悪い霊気は感じず、むしろイヤシロチだった。
110608_1103~01.jpg

樹海に入るとリフレッシュされ、自殺を中止して帰っていく人もいる事だろう。
110608_1103~02.jpg

鳴沢氷穴に行くと、地下の洞窟に氷があった。
http://messiah666.seesaa.net/article/209266906.html
110608_1103~03.jpg

風穴との違いは、名前と場所だけである。
ちなみに、東日本大震災の後の静岡地震(震度5強)以降、
氷穴の氷が溶けてきているらしい。
富士山のマグマが活性化し、地熱が上昇している証拠なので、
この事実を知った者は反省と謝罪が急務である。

EPSON716.JPG

富士山の噴火は絶対に阻止する必要があるが、
最終的には世界改造の経綸として爆発するようだ。
王仁三郎によると、日本列島の端から端までが富士山の裾野になるという。
そうなると日本は全滅なので、外国に逃げなければならない……。
そう思った者は改心する必要がある。

DSC_0224.jpg

『日月神示』は次のように警告している。

「富士は何時爆発するのざ、何処へ逃げたら助かるのぞという心、
我れ善しぞ。 何処にいても救う者は救うと申してあろが」

「どこへ逃げても逃げ所ないと申してあろがな」


DSC_0225.jpg

つまり、富士山が爆発した時、富士山頂に居ても助かる者は助かる。
広島に原爆が落ちた時、焼け野原の爆心地で一軒だけ無事だった家があり、
その家の住人は原爆が落ちた事すら気付かず、
庭の土からも放射能汚染が検出されなかったという。
東日本大震災でも、津波に飲み込まれた海辺でも無事だった家がある。

また、アリオンの話によると、アトランティス(サントリーニ島)が
火山爆発で沈没した時は、島の主要部が異次元に移動したという。
ノストラダムスは「逃げよ、逃げよ」と言っているが、
どこに逃げても死ぬ者は死ぬし、助かる者は逃げずして助かる。
また、「死んで助かる者もいる」と『日月神示』は言っている。

DSC_0226.jpg

人間界の諸問題の原因の大部分は、分離観念から生ずる「我よし」である。
アリオンも次のように指摘している通りである。

「自分と自分の家族さえ良ければいいという考えが日本をダメにした」

氷穴から竜宮洞穴に向かう道中、借金相談の看板があった(笑)
DSC_0264.jpg

死者は死ぬ時の想念がそのまま続くので、
借金苦で自殺すると死後は永遠に借金苦で苦しまなければならない。
「永遠」というのは、霊界には時間の流れがなく、
過去・現在・未来が同時存在だからである。
モンローの話によると、100年位までに海で溺死した人が、
幽界で今でも海で漂流しているという。

スウェデンボルグによると、
自殺者は千年万年も木のように動けない状態で過ごすらしい。
必ずしもそうとは限らないが、首吊り自殺をしたりすると、
死後に於いても死んだ時の状態がずっと続くのだろう。
獣も昔は数百万円程度の借金で「苦」を感じていたが、
今はどれだけ巨額の負債を抱えていようとも、
そのような現象面に囚われる事は一切ない。

DSC_0265.jpg

常に涅槃の境地で楽観的である。
全ては必然・必要・ベストで、なるようになるからだ。
人生は常に最善の事しか起こらないので、現世での獣の霊的進化に於いて、
今負債を抱えている事は最善という事になる。
悪く言えば他人事のような感覚だが、
それは裏を返せば一切が自分事だという事である。

つまり、個人的な借金などは大した問題ではない。
天人合一すれば宇宙カルマは自分のものだからである。
もし、汝が100億円の借金を抱えていれば、それは獣の借金である。
個人という枠を超越していれば、何事にも一喜一憂しなくなるものだ。

DSC_0227.jpg

『日月神示』には「借銭済まし」という言葉が出てくるが、
次のようなカルマの法則が説かれている。

借りた物は返さねばならん道理ぢゃ。長い目で見て良くしようとするのが神の心ぞ。
目の前のおかげではなく永遠の立場から良くなるのがマコトのおかげ」


DSC_0228.jpg

だが、これは「個人」という人間レベルで説かれている話である。
借りた物は返さなならんという事は、貸した物は返してもらわなければならない
という事になるが、獣にそのような観念はない。
人間には自分の所有物など存在しないので、そもそも「貸す」という観念がない。
人間界的に「貸す」という行為はあっても、それは本質的に自分の物ではないのだ。

「借りる」という事についても同様である。
社会的に獣個人について言えば、サラ金から500万円程の借金がある。
しかし、人に貸しているお金はもっとある。
それを霊的に天秤に掛ければ、獣の借金はチャラの上に貸しがあるという事になる。
換言すれば徳積みだが、一切が自分であれば、その徳も人類共有のものであり、
獣個人の徳などというものは非実在の幻影に過ぎない。

DSC_0229.jpg

一切が自分という感覚の中では損得勘定は存在し得ない。
会社資金も1000万円単位で詐欺同然に取られていたが、
それは「全体=自他一体」の中で資金移動したに過ぎない。

従って、「騙された」という意識もなければ、
「騙されないようにしよう」という意識もない。
借りる事と貸す事は同じであり、与える事と貰う事も同じである。
故に、「与えさせて頂く」というのである。

DSC_0263.jpg

尚、この世に自分の所有物など存在しないという事を述べたが、
逆に言うと、万物は自分の所有物である。
一切が自分であり、宇宙と自他は一体だからである。
全てが自分の物というよりも、全てが自分自身なのだ。

しかし、それは「内宇宙の投影」であり、全ては「非実在」である。
実在とは「霊」であり、非実在とは「物質(肉体)」である。
そして実在と非実在の融合が「霊体一致」で、半霊半物質の世界となるのだ。
そこで「霊線の解除」が課題となるが、この話は別の機に譲りたい。

DSC_0271.jpg

さて、竜宮洞穴に着くまでの間に2体の霊を見た。
1体は遊歩道の切り株の前にしゃがんでいて、
もう1体は樹海の中で潜伏していた。
もちろん、実際にはもっと無数の霊がいただろうが、
マイナスイオンが溢れるイヤシロチだった。

ところが、竜宮洞穴に着くと空気が一変した。
http://messiah666.seesaa.net/article/209273018.html
DSC_0270.jpg

龍神が祀られているという事だが、陰気な霊気が立ち込めていた。
水は霊であり、霊は水に集まると言われている。
青木ヶ原で唯一の水源?なので、そこに霊が集まってくるのだろう。
また、洞穴の冷気がそれを助長しているかに思えた。
だが、風穴や氷穴は人が多かったので、陰気な霊気は感じなかった。

竜宮洞穴には祠があり、古びた卵の供え物があったので、
人間界の念波が霊を引き寄せる最大要因になっているのだろう。
ここに来た人の殆どが、大なり小なり憑依を受けると思うので、
なるべく近付かない方が良いだろう。

DSC_0266.jpg

次に、コウモリ穴に向かう道中で、少し道に迷った。
方向感覚が分からなくなったのではなく、
道が分かれていて標識がないので進路が分からなかったのである(笑)
だが、獣は方向感覚に優れているので、目的地の方角は合っていた。

青木ヶ原樹海では方向感覚を失うと言われているが、
それは磁鉄鉱があるからだと言われている。
それで、方位磁針もブレて方角が分からなくなるという。
ゴッドハウスの敷地にも大量の磁鉄鉱が埋まっていたのだろうか。

DSC_0267.jpg

『日月神示』がいう富士の石は、「磁鉄鉱」の可能性がある。
三輪山などの人工ピラミッドの磐座には磁鉄鉱が含まれているからだ。
だが、青木ヶ原で磁鉄鉱そのものは発見出来ず、
富士山でも一般人が簡単に採掘できるものではない。
富士山を水源とする川の中から磁鉄鉱を発見するのも至難の業である。

そこで獣は、富士の石とは、磁鉄鉱を含む溶岩の事だと解釈した。
溶岩とは、簡単に言えばマグマ(ルシファー)が冷え固まったものである。
溶岩の石なら、富士山周辺で無数に発見できる。
だが、溶岩は富士山ではなくても、全国各地の火山で発見する事が出来る。

DSC_0272.jpg

それについて、『日月神示』は次のように述べている。

「富士とは神の山のことぞ。神の山はみな富士(二二)といふのぞ」

DSC_0269.jpg

ちなみに、三輪山や黒又山などは縄文時代の人工ピラミッドで、
円錐形ピラミッドとなっているが、
富士山は天然の円錐形ピラミッドになっている。

110613_0709~01.jpg

「富士から流れ出た川には、それぞれ名前が付いている石置いてあるから、
縁ある人は1人ずつひろって来いよ、お山まで行けぬ人は、
その川でひろって来い、ミタマ入れて守り石といたしてやるぞ」


山まで行けない人は川で拾えということは、
本来は山で拾うべきものだと解釈できるが、
富士山麓は溶岩流で形成されているので、
富士山周辺であれば川でなくても良いという事になる。

DSC_0273.jpg

青木ヶ原の樹海には無数の溶岩石が散らばっているが、
許可なく持って帰ると条例で罰せられるので注意が必要だ。
しかし、遊歩道を歩いているので迷子にはなっていないが、
いくら歩いても樹海から抜け出せられなかった(笑)

DSC_0274.jpg

DSC_0275.jpg

普通の葉っぱの中に奇形の葉っぱを発見した。
小さな葉っぱが束になって首吊りのように枝から垂れ下がっていた。
110608_0822~01.jpg

これは何を思って撮ったのか忘れたが、何か理由があるので載せておく。
110608_0924~01.jpg

所々に石を積んだ祭祀場跡のようなのがあった。
110608_0924~03.jpg

そこで、出雲族のシンボルである八光星の形をした葉っぱを発見した。
110608_0926~01.jpg

そして、ようやく樹海を抜けると素晴らしい新緑の絶景が広がっていた。
110608_0930~01.jpg

110608_0931~02.jpg

110608_0931~03.jpg

空には、日向族のシンボルである三日月が出ていた。
110608_0930~02.jpg

110608_0931~01.jpg

110608_0936~01.jpg

110608_0936~02.jpg

台形の山を発見
110608_0943~01.jpg

暫く歩くと竜宮洞穴に直通の道の鳥居があり、
写真を撮るとオーブのような白い球体が写っていた。
110608_0940~01.jpg

DSC_0284001.jpg

そこから暫く歩いてコウモリ穴の入場口に到着すると、
そこら中に転がっている溶岩が1万円で販売されていた。
110608_1510~01.jpg

コウモリ穴の洞窟に入る為に再び樹海の中に入ると、
この溶岩に2人組の霊が座っていたので撮影した。
110608_1005~01.jpg

そこを通過して洞窟の入口に到着した。
http://messiah666.seesaa.net/article/209274209.html

そしてコウモリ穴から釈放され、東京に帰るべく駅に向かった。
2011_06_08_15_52_21.jpg

バスから見える西湖
2011_06_08_15_52_38.jpg

野鳥の森公園
110608_1523~02.jpg

110608_1523~01.jpg

ところが、急遽バスを途中下車する事になり、
とりあえずバス停前のハーブ館に行った。
色々なハーブやハーブ製品があり、
ハーブが好きな獣には入るだけで嬉しい店である。
特に獣が愛用しているラベンダーのアロマオイルを
主力にしている店で、獣の為に用意されていた店だった(笑)

尚、このハーブ館も聖地(パワースポット)である。
110608_1603~01.jpg

その向かいの駐車場にはピラミッド型の屋根の公衆トイレがあり、
このトイレも聖地(パワースポット)である。
110608_1618~01.jpg

そして、その向かいの宿に泊まり、
レストランから河口湖が一望できた。
2011_06_08_18_31_38.jpg

2011_06_08_15_52_45.jpg

バイキングでは加熱処理をした野菜を夕食をした。
獣は普段は加熱処理をした野菜を食べない主義だが、
肉食をしないので生野菜が不味くて受け付けないのだ(笑)
ドレッシングやマヨネーズをかけたら美味しいのは知っているが、
それらをかけない主義なので、必然的に生野菜は殆ど口にしない。

マヨネーズは卵と油なので当然毒物だが、
ドレッシングも油を使っているのでダメである。
油を使っていないドレッシングもあるが、
獣理論ではもっと根本的な禁止理由がある。

2011_06_08_18_31_54.jpg

原始時代にはマヨネーズやドレッシングはなく、
原始人は素材そのものを食べていた。
素材そのものを食べて味覚が快を感じないなら、
それは体が要求していないという事である。
それにドレッシングなどをかけて味をごまかして、
美味しいと錯覚して食べるのは自然の摂理に反する行為であり、
神の容れ物である肉体に対する冒涜でもあるからである。

獣は白米と味噌汁があれば十分なので、基本的にオカズは食べない。
前夜の夕食では邪食をしたので、この日は朝と昼は食べなかったが、
夕食のバイキングでは色々なオカズを食べて味覚を楽しんだ(笑)
尚、石原結實氏のプチ断食健康法では、
朝食と昼食を抜けば夕食は何を食べても良いという。

DSC_0299.jpg

夕食後、大浴場で体重を測ると「56」キロだった(笑)
厳密には56.2キロだったが、
もう少し食べていれば56.7キロだったかも知れない(笑)

風呂は富士山の天然温泉で、入浴後に足裏マッサージ器に乗った。
足裏マッサージ器もアセンションアイテムだと思うので、
いずれ入手したいと思っているが、それよりも、
フィオーラの先端部分で足のツボを押す方が効果的だと思われる。

朝は食べない主義だが、翌朝もパンなどを食べた(笑)
DSC_0302.jpg

DSC_0304.jpg

DSC_0305.jpg

DSC_0847.JPG

DSC_0848.JPG

無計画で行き当たりばったりの人生を歩んでいる獣は、
旅に関しても流れ(見通しの神=魂)に任せる主義である。
ガイドマップで近くに何があるか調べると、
富士御室浅間神社というのがあったので参拝する事にした。

DSC_0861.JPG

そして分かった事は、もともと御室浅間神社は富士山の二合目に、
富士山で初めて建立された由緒ある重要な神社だという事である。
それが参拝しやすいように、河口湖畔に移動されたとの事だった。
予定を延期して河口湖畔に滞在する事になったのは、
富士御室浅間神社に行けという事だったのだと分かった。
http://messiah666.seesaa.net/article/209346042.html

DSC_0862.JPG

尚、富士御室浅間神社は武田信玄が篤く信仰していたそうだが、
獣の親戚に武田信玄の直系の子孫がいるので因縁を感じる。

DSC_0863.JPG

DSC_0864.JPG

DSC_0865.JPG

その後どうするかガイドマップを見ていると、
ホテルの隣に宝石博物館がある事が分かった。
小学校の頃、「鉱物博士」の異名を持っていた獣は、
今でもパワーストーンやジュエリーに関心があり、
行った結果、やはりこれも神(魂)の導きだった。
http://messiah666.seesaa.net/article/209358128.html
EPSON715.JPG

また、アメジスト原石が沢山展示されているのを見て思った。
獣はアメジスト原石をオークションに出しているが、ずっと売れずにいる。
これは暫く持っておけという事なのだと思った。

CA338111.jpg

宝石博物館の茶店でココナッツアイスを食べた。
DSC_0312.jpg

梶原景時
DSC_0867.JPG

米誌「タイム」は、11〜20世紀の各世紀ごとに世界の偉人を選定し、
武家政権を確立したという理由で、日本からは源頼朝を選んだという。
この評価には鎌倉幕府の立ち上げに尽力した景時が大きく貢献している。
DSC_0868.JPG

それよりも興味深い事は、頼朝の母が熱田神宮宮司の藤原季範の娘で、
幼名を「鬼武者」ということである。

こんな所に十字架が立っているとは全然気付かなかった。
DSC_0309.jpg

DSC_0310.jpg

一通りの使命を全うし、東京に戻るべく河口湖駅に行くと、
時間に余裕があったのでバスで富士山5合目まで行く事になった。
しかも、その日の5合目行きの最終バスが残っているだけだった。

EPSON718.JPG

EPSON717.JPG

結局、最後の最後に予定外で行く事になった富士山5合目の降臨が、
今回の旅のメイン使命だったのだろう……。
それでラストを飾ったというのも意味ある導き以外の何物でもない。

ずっと同じ景色なので眠たくなってきた。
DSC_0317.jpg

いつの間にか仮眠していた。
DSC_0318.jpg

起きた。
DSC_0320.jpg

反対側に富士山が見えてきたので席移動した。
DSC_0321.jpg

そして、撮影した。
DSC_0322.jpg

それがこの写真。
DSC_0870.JPG

5合目に到着して参拝などをした。
http://messiah666.seesaa.net/article/209362684.html

5合目からの登山口から山中に入った。
DSC_0341.jpg

そこで溶岩石に座ってしばし瞑想していると、
「富士と鳴戸の仕組み」のイメージが浮かんできた。
DSC_0343.jpg

富士山は△、鳴戸は▼であり、性別で言えば富士山は男、鳴戸は女である。
だが、「富士山=木花咲耶姫」という信仰が根付いており、
そう仮定すると▼の鳴戸が男に反転してしまうことになる。
DSC_0344.jpg

鳴戸は渦であり、ウズはイエス・キリスト、またスサノオは渦である。
つまり、鳴戸は瑞霊(変性女子)であり、富士山は厳霊(変性男子)という事になる。
スサノオ(渦)である獣が富士山麓に到着した時点で「黄金太陽」が完成し、
5合目に昇った事は六芒星の完成を意味する。

暫くの間、富士山との一体化を感受して戻ってきた。
DSC_0346.JPG

「植物や鉱物の採掘禁止」という警察の立て看板があり、
『日月神示』の教えに従うと犯罪者になるので要注意である(笑)
だが、獣は神の石を求めて歩いていると、
写真では見えないが少し下の崖に黄色い珠を発見した。
DSC_0895.JPG

この木の枝の向こうに降りるのは難易度が高かったが、
人が通らない場所に落ちている黄色い珠が気になって取りに行った。
DSC_0896.JPG

拾ってみるとゴムのようなプラスチックのような物体で、
人工物なかの天然物なのかは不明だが鉱物ではなかった。
匂いを嗅いだが飴でもなさそうだし、スーパーボールでもない。
虫がかじったような小さい穴が空いていたが木の実でもない。
結局、正体不明の得体の知れない物体なので捨ててきた(笑)

次回は自分の脚で山頂まで登る事を決めて、河口湖駅に戻った。
DSC_0869.JPG

多目的トイレって何だろうか……。
110609_1645~01.jpg

帰りの高速バスの中から景色の写真を撮ると、
太陽から紫の光線が降りていた。
2011_06_09_17_31_53.jpg

もう1枚も同じように写ったが、これが紫外線なのか?笑
2011_06_09_17_32_34.jpg

新宿に着いて街の景色を見るとホッとした。
2011_06_09_18_54_49.jpg

獣は富士山で不老不死の霊薬を発見した。
霊薬とは物質的な薬草ではなく、文字通り、
霊的な不老不死(超人進化)メカニズムの解明である。
それは、テロメアがどうのこうのというレベルではない。
黄金太陽の完成こそが不老不死の半霊半物質体の獲得なのだ。

bf19b0c5.jpg

5分程度の短い時間だったが、富士山(不死山)で
反転した△と▼の融合を体感し、その事がよく分かった。
詳しい事は未解明だが、それが人間界と霊界の統合、
即ち「霊線解除」だと思われる。

以前、マロンから次のようなメールが届いた。
CA339075.jpg

そして、獣はこのように返信した。
CA339076.jpg

但し、修学旅行とは卒業する前に行くものである。
今回の「富士高天原王朝降臨」は、
獣が人間を卒業する為の修学旅行だったのだ。
だが、8月が本番なので、今回は下見と言ったところだろうか。

5日にルシファー帝国56(666の五十六)番街の建設に突入し、
6日に大統領就任、そして「567」の7日から富士山麓に行った。
7はルシファーの頭の数だが、ルシファーは666の1つである。
そして、聖数7日とスサノオの象徴数8日とニギハヤヒの象徴数9日を
富士山麓で過ごし、翌日の6月10日は『日月神示』の発祥の日である。

その翌日は、「吉田」という知人から1年ぶりくらいにメールが届いた。
CA339077.jpg

そして、「高天原王朝降臨記」を書き終えた今日6月13日は、
「5次元の入口発見」の1周年記念日である。
その頃、日常的に覚醒シータ波状態のように思考回路が止まっていたが、
中西氏がカルキからディクシャ(悟りのエネルギー)を受けたことで
起きた現象に似ているという事を、以下の記事を読んで思い出した。
http://jinja-bukkaku.seesaa.net/article/153080823.html

IMG_5148.JPG

獣の知人が、6月に乱世の英雄が現れると予言し、
それが獣(嵐)かも知れないと言っている。
http://damien666.seesaa.net/article/199201345.html

獣はそんな話は真に受けていないが、
乱世の英雄とは、まさに反キリストを指している。
仮説として考えた時に色々とシンクロが多い。
獣が富士高天原王朝に降臨したのは、
自分の意志ではなく「天の配剤」だった。

o0480033010801890414.jpg

獣は基本的に非喫煙者だが、酒を飲む時などにたまに吸う。
ところが、富士山から帰還後、タバコが吸えなくなった。
また、10日に缶チューハイを2本飲むと、
11日と12日の2日間に渡って吐き気に苦しみ、
特に11日はパソコンの前に座っている事も出来ず、
完成していた記事を更新しただけだった。

携帯代の支払いが近づいてきたので
ホスクラのバイトに行こうと思っていたのに……。
でも、浅間神社と荒屋山神社に行ったので大丈夫なはずである(笑)

110613_0711~01.jpg
posted by 獣 at 07:56| Comment(131) | クリスの日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
富士山、スゴい迫力ですね〜
昨年の修学旅行で富士山の麓まで行きましたが、
富士さんが恥ずかしがって、姿を見せませんでした(笑)
皆さんの激論に圧されて久しぶりのコメントとなってしまいましたが、
閣下、8月にも富士に行かれるようですが、
7月には恒例の祇園祭にも行かれるんですよね?
Posted by 真薩供 at 2011年06月13日 08:58
ま〜君!!お久しぶり(^o^)
そういえば、鬼将軍東征記・・・急流川下りで停止していましたね・・・
ま〜君とも富士繋がりですね。

閣下、今日6月13日はナイト・ルシファー設立日でもありますよ。
1stアニバーサリー、おめでとうございます。

そして奇しくも今日は太宰治の命日でもあります。
わたしの富士シンクロや太宰シンクロは、閣下が起こしているのかもしれませんね。

8月、円錐形の頂上ーゼロポイントに降臨してください。
Posted by オクト at 2011年06月13日 09:46
鬼将軍様、お久しぶりです。

1周年ですか・・・早いですね。
オクトさんに気にかけて頂き、今ではすっかりコメント常連になりました(笑)ありがとうございます。

何かを隠しているような、富士の住民とても気になりますね。遥か昔から守り続け、現代になっても固く閉ざしているのは凄いことです。
閣下は登山されるのですか?僕も2年前、富士登山して何とか頂上に着きましたが、8月でも上は半端なく寒かったです!!
閣下は超人ですが、登山用の装備をお忘れなく。
僕はもう登りたくありません(笑)辛かったです。
Posted by 破地獄の種子 at 2011年06月13日 12:20
2年前の8月ですか。
登山ルートはどちらからだったのですか?
やはり辛いですか?
酸素ボンベは必要ですか?
行程的に宿泊は何合目でされたのですか?

わたしはとても登頂は無理ですが、息子達にはぜひ経験させておきたいと思っています。
御師のお話では、八合目までは誰でもいける。
しかしその上が高山病でやられるということでした。

でも、破地獄さんも富士繋がりですね。
Posted by オクト at 2011年06月13日 13:12
須走ルートで登りました。酸素も持って行った方がいいですし、水は多すぎるくらい持って行った方がいいです。富士山で買うと高いです。
夜から登り、そのまま頂上までだったので宿泊してません(笑)辛かったですよ〜

そういえば富士繋がってましたね!
Posted by 破地獄の種子 at 2011年06月13日 13:45
オクトさん 破地獄さん こんにちは。^^

鬼将軍サマ 
初めまして 越楠 と申します。
どうか よろしくお願い申し上げます。

>富士山の石= 磁鉄鉱
んっ?コレはもしかして・・・。(ウィキで画像確認)
オオォォーっって! コレ 庭に祀ってある石の一つじゃねーか!!
やたら比重が重くて、金粉が吹いてて、
なるほど!磁鉄鉱って言うのか〜。
爺ちゃん婆ちゃんが、もし生きてたら教えてあげたかったな〜。(涙)
(って完全に死んどるけど)
獣さん、ありがとうございました。^^ 

意外?なカタチで、私も富士繋がり?です。^^;
Posted by 越楠 at 2011年06月13日 13:55
越楠さん、こんにちは。

祀っているほどの磁鉄鉱ですから、相当なパワーがありそうですね。いいなぁ!!

Posted by 破地獄の種子 at 2011年06月13日 14:26
破地獄さん コンニチハ^^

祀ってるって言っても、今回、獣さんが泊まった古い旅館の祭壇の石みたいに、ウチの庭の祠も、超不気味な雰囲気なので、正直 怖いっス。^^;
祟られて、死んでる人いてるし・・・ま〜パワーはガチでありそうです。^^;

でも、鉄鉱石だけど、なんか違う種類っぽいです。
http://www.weblio.jp/content/%E7%A3%81%E9%89%84%E9%89%B1
まさか、こっちだったりして・・・
http://mujaki666.seesaa.net/article/166148879.html
Posted by 越楠 at 2011年06月13日 16:02
いやいや、普通は家の庭に祠なんて有りませんから(笑)
それだけで、ただ事ではないですよ。

それにしても、もしグラビトナイトだったら・・・

う〜ん越楠さん、強烈です!!
Posted by 破地獄の種子 at 2011年06月13日 16:57
越楠さんちの祠・・・竜宮洞穴ほどに何かが棲んでいそうですね^^;

須走でしたか。
そのルートと吉田からのルートが八合目で合流するのですね。
夜から登り始めて一気に頂上まで行くのですか?
ご来光は拝めましたか?

富士は神秘に包まれていますね。
マグマは地下から火口に縦に吹き上げ、山体に氷を内包し、地下水が20年〜30年かけて浸みだしてきて、湖面を満たす。
火と水の力ですね。
富士の水の神秘を思っていると、水の神が瀬織津姫や豊玉姫などの女性神で、火の神が男性神なのかもとか思いました。
コノハナサクヤ姫は火に対しての水の象徴なのかもしれませんね。

富士の巨大さの前には人間などちっぽけなものだと分かりました。
藤原家など吹き飛んでしまいます。
富士という縦を原のように横にするのが藤原なのかも。
閣下という系で富士を捉えると、そう感じました。
Posted by オクト at 2011年06月13日 20:41
そりゃ、一気ですよ一気!!!
頂上でご来光の予定が、一歩手前でご来光でした(笑)

はい、藤原など吹き飛びますよ。

水=瀬織津姫 火=饒速日命で表裏なのだと思います。
一つになる時が来ましたね。

遅れましたが、東国へようこそ!!
府中にも大国魂神社があり瀬織津姫に関係した、とてもいい神社があります。また、近くの小野神社もなかなか雰囲気がありました。オススメです!!
Posted by 破地獄の種子 at 2011年06月13日 23:10
ありがとうございます。
いつまで居られるかわかりませんが、府中は近くなので行ってみます。
閣下が居るから、東国に来たのだと思います。
閣下の存在を受け入れられる現実を、これから構築していきたいと思っています。
いつまでも離れたくないから。
Posted by オクト at 2011年06月14日 01:14
竜宮洞穴・・・祠・・・火と水・・・!?

なんとなく繋がりが掴めそうな気が・・・

庭の祠には、石宮龍王 と書かれた祖父自作?の提灯があります。
しかし、気になるのは、そんな名前の龍王はちょっとオカシイ?!
何故なら、石宮龍王で検索すると、
ヒットするのは、大阪 難波にある御津八幡宮(みつはちまんぐう)
と、なんと私 越楠のコメント でしか存在しないのです。

そして、その石宮龍王(我が家の)は、イシタニさんという拝み屋さんが、伏見稲荷にある石宮大神(眼力さん)から庭の祠に、分け御霊したそうです。
しかし、祖父母(楠系)が、何ゆえに三重県岩滝町から梅田の茶屋町を経て、今の住所(四天王寺 安倍晴明 北畠顕家の墓の近く)に移動してきたのか? 真相は・・・調査中です。^^;(こっちが本業!?)

御津八幡宮(みつはちまんぐう)
http://blog.goo.ne.jp/bittercup02/e/6fefbd7f995ee10469ccfb1d5b4f6a99
http://ameblo.jp/van77jp/entry-10370219840.html

>火と水=カグツチ&ミヅハノメ(罔象女神)
瀬織津姫=罔象女神 
瀬織津姫×楠木(南木)=建水分神社http://www.takemikumari.com/
石宮龍王(石宮大神 眼力さん)伏見稲荷=石屋 フリーメーソン ピラミッド ピラミッドアイ ・・・ダメだ!整理出来ない。(泣)

>越楠 越楠公 越楠雷蛇阿の石宮龍王 石に関するコメント
http://mujaki666.seesaa.net/article/166546414.html(賢者の石)
http://mujaki666.seesaa.net/article/166619498.html(虚空蔵菩薩)
http://mujaki666.seesaa.net/article/166731897.html(ヒヒイロカネ)

>ちなみに、人生初コメント(デビュー戦)が、神仙組でした。
http://mujaki666.seesaa.net/article/166148879.html(グラビトナイト)

破地獄さん、気づいて頂けましたか?

>オクトさんの指摘して下さった竜宮洞穴とウチの祠 との因果関係についてですが、恐らく、祠のある庭や家の近辺は、かなり昔 井戸がたくさんあったそうなので、水脈を司るような聖域?!だったかもしれません。
Posted by 越楠 at 2011年06月14日 04:40
オクトさん、閣下の存在を受け入れる???とは難しい表現ですね。

越楠さん、リンクを見て気付きました。僕も閣下のブログが人生初です。
もう、敷地がパワースポットですね!!
天津美香母子という表記もあるのですね。
Posted by 破地獄の種子 at 2011年06月14日 09:50
越楠さん、大変そうですね^^;

閣下も歴史なんてちっとも興味がないのに、執筆上どうしても係わらなければいけないらしいように、わたしもあなたも重荷を背負って歩くように先祖因縁を整理しなければならないのでしょうね。

といっても、わたしはもう終わりつつありますが・・・

物部を調べるとわけが分からなくなるように、神の名前を検索しだすとドツボにはまります。
また真理というのは、見出してもらえそうな人間にまるで突破口の如くに一極集中するので、精神力や体力が持てばいいですが、大変な場合は優先順位を決めてかかるのもいいかと思います。

ずっと拝読させていただいて、かなり根深く錯綜している印象を受けますが、楠ー物部ラインなのでしょうね。
現象界は霊界の移写なので、具体的な問題は越楠さんの身体面なのでしょう。
精神面は頑丈なようですものね。

その「石」なのですが、眺めていてご自分の分身のように感じることはありますか?
あるいは魅入られるというか、存在としては越楠さんご自身よりも「石」のほうが主体で、自分が客体だという錯覚を覚えることはありますか?
Posted by オクト at 2011年06月14日 10:10
あら、破地獄さん、おはようございます。
洗濯しながらコメントしてたので、テレコテレコになりましたね。

閣下の存在を受け入れるとは、オクトの現実化みたいなものかもしれません。
前にVEILさんにご指摘されたように、閣下への愛というのはバーチャルに限局してきました。
では現実、社会生活上、オクトなのかわたしなのかというと、もう閣下にお逢いする以前のわたしはいないので、わたし自身の問題として、整合を取る必要があるのです。

「あれはあれで真実の世界、これはこれで本当の世界」という曖昧さは、通らないのでしょうね。

破地獄の種子さんは、どう考えておられるのですか?
Posted by オクト at 2011年06月14日 10:22
う〜ん、難しい(笑)ですがオクトさんの中で答えは出ていそうに思えますが・・・

僕はバーチャルもアリだと思いますけど。
Posted by 破地獄の種子 at 2011年06月14日 10:36
答えは出てますよ〜(笑)

そんな軽妙なことおっしゃっていると、イジメちゃいますよ(笑)
Posted by オクト at 2011年06月14日 10:43
>ケンカをやめて〜 二人を止めて〜 獣(閣下)のため〜に 争そわないで〜 (河合奈保子のパクリ)

参照 http://www.youtube.com/watch?v=QI99ox_SUOA

>私も獣さんも、ミカボシのひこばえ である。
 
王仁三郎の説いた 本物の型役者(反キリスト)の条件を
 残す所 あと一つまで 獣さん(閣下)はクリアしている。

その残り一つをクリアする日も、意外と早いかもしれない。

獣さんの御用は、例えるなら
全宇宙最高のチャンピオンの御用であり
その証しが、チャンピオンベルト(特殊能力)である。

しかし、いつまでチャンピオンベルトを保持するかは、
神(全宇宙)が決める事であり

来たるべき時が来たら、獣さんのチャンピオンベルト(御用)は、
新しいチャンピオンに譲り渡す事もあるかもしれない。

人間の改心や宇宙や地球の進行状況によっては、
このまま獣さん(閣下)がメインイベント(ミロクの完成)を
果たす役目をするかもしれない。

私はもう一人 尾張出身で、巳年、自称 織田信長 という人物に
密かに、注目している。

既に、イシヤの国で、闘っている。
最終的には、手を組む 抱き参らせるという御用に向けて、
本人が自覚していないながらも、始めているように思っている。

その人物とは?
http://www.plus-blog.sportsnavi.com/wwe_yoshitatsu/
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B1%B1%E6%9C%AC%E5%B0%9A%E5%8F%B2

>破地獄さん
パワースポットって言葉に、ヒラメキがスパークして、一気に謎が解けました! (嬉) 上町台地が、巨大な天橋立だったら・・・
お返事ありがとうございます!!
私は、破地獄さんの軽妙さ?にスゴく癒やされてます。(笑)

>オクトさん
石についてですが、なんというか 雰囲気とか、大きさ 重さが、
・・・・赤ちゃんの頭?!というか 元気な胎児?!って感じでした。
地震の起きた後に、ヒラメキで封印解除?逆に地震を予防? した時の
様子は、コチラ
http://jew-beast.seesaa.net/article/190685149.html(コメント)
http://messiah666.seesaa.net:80/article/197994373.html#comment

その石には、私や家族 祖父母(母方)それにやたら大人数の親戚(母は6人姉妹なので)が、賑やかに集まってた頃の懐かしくて楽しい思い出を、いっぱい記憶しているようでした。今は交流も親同士だけで、祖父母の家も寂れてゴミ屋敷?状態なんで、私が、昔みたいに雰囲気の良い場所にしたいと思ってます。^^

>私が疲れたり、体調が苦しかったりするのは、真相究明作業のせいではありません。むしろ面白くて興味津々で楽しいです。
では、何故?! それは私が本性を抑えながら、超苦手なコメントを書く作業が苦しいです。
本当は、膨大な発見やヒラメキが、頭に溢れているので、放出したいけど、ハチャメチャな内容になるので・・・^^;

・・・ある時は偽悪の総裁 敗れ去った英霊達の合体怪人
・・・ある時は、幕末の亡霊 志々雄真実
その正体は・・・!?

        臨死!!江古田ちゃん だあああああああ!!!(性格が)
http://www.youtube.com/watch?v=7FwEWVDrJgY(1〜9話あり) 
 
>理解不能で矛盾だらけでテレコテレコで見た目と中身もテレコで
宇宙スケールで御用してるのに、桁外れに地味だったり、普通だったり
即位したのにバカにされたり、激痛に耐えてるのに雰囲気がおっとりして楽しそうとか、様々ですが、
  究極の反転と究極の反転が、富士と鳴門であり、どんなにヘンテコリンでも、獣さん(閣下)は、ゼロポイントに立っておられると私は思います。恐れるものは、何もない!!    
Posted by 越楠 at 2011年06月14日 15:24
オクト様、破地獄の種子様、越楠様お久しぶりです。
スゴいですね。鬼将軍の名が結構、浸透してるんですね(笑)
改めて自己紹介させていただきますと、
このブログではおそらく最年少の読者(16歳)の鬼将軍こと真薩供です。
若輩者ですが、どうかよろしくおねがいします^^

今更、あの修学旅行の事を書いても誰も見ませんよ(笑)
それに、いろいろ皆の寝顔も盗し撮りしてあるので公開しずらいです(笑)
あれから次の東征記の記事も作ってあるので、
よければどこかで公開させてもらうのも良いかもしれません。
Posted by 真薩供 at 2011年06月14日 16:07
ハチャメチャな内容を一度吐き出されたらどうですか?
オクトにハチャメチャて・・・

破地獄の種子さんとけんかしているのではないですよ。
彼はどう感じておられるかはわかりませんが、あくまでビジネスライクです。
お互いの組織の一員としてね。

越楠さん、腹を割ってお願いしたいのですが、どうも石がわたしに迫ってきます。
この石シンクロの解明の鍵はどうもあなたの祠の「石」が握っているように感じます。

閣下、越楠さんと「石」についてのコメントのやり取りをすることを許可願いたいのですが。

さっきからわたしは、あなたがおっしゃっていた富士の川の石とは、越楠さんの石ではないかという気がしています。
これはわたしの直観ですが。

あなたは石を探していらした。
そして博物館で水晶などの素晴らしい展示をご覧になった。
わたしは水晶などが富士の中にあることについて、深く再考しました。
造成作用に藤原やヤタガラスの論理など雲散霧消すると感じました。
文明は、富士とは相容れないものだと。
だから桓武天皇は京都に人皇と官吏によって制御できる街を創ったのだろうと。

道中何度か、あなたは越楠さんと石についての話をされていました。
わたしはそれを聞き流していましたが、今、あなたの言葉と越楠さんの石が頭の中でグルグル回っています。

越楠さん、閣下は天才ですよ。
人は天才を見たことがないから理解できないのです。
天才とは凡人には不仕合わせに見えます。

その石はご神体でいいのですよね?
名前は「石宮大神」なのですね?
Posted by オクト at 2011年06月14日 16:35
あ、ま〜君、おかえり^^
たまたま思い出しただけで、書いてほしいと催促しているのではないです。
君が富士への先達さんだったのかな、と感じただけです。
ごめんなさい。
Posted by オクト at 2011年06月14日 16:41
あの時は楽しかったです(笑)
よって、続きを書かせていただきます(笑)
いつになるかはわかりませんが^^
ちなみに、その修学旅行の時に富士川からパクってきた、
石は今でも僕、持ってますよ(笑)
Posted by 真薩供 at 2011年06月14日 17:03
越楠さん、いいですねぇ!はじけまくってますね。(笑)
オクトさんは、僕にとって先生のような方なので、当然ケンカなど畏れ多いです。(汗)

天橋立だと・・・超気になるので解明して、ご報告待ってます!!
Posted by 破地獄の種子 at 2011年06月14日 17:03
破地獄さま、天橋立ってなんですか?
越楠さま、石宮大神さまって天橋立と関係あるのですか?
わたし、籠神社とか天橋立ってちっともインスピレーション来ないのですが・・・

真名井は水の神ですよね?

ま〜君、だいたい君と閣下とわたしってシンクロだらけで不安定な関係だったって、あらためて思い出しました。
Posted by オクト at 2011年06月14日 20:10
伝説のレジェンドの皆様 こんばんは。   江古田ちゃんです・・・!?

そんなん ええから早くお話ししなければ。

>祖父母(母方)は 三重県岩滝町の楠木残党落人伝説の楠木らしい。
三重県の天橋立の近く出身 近くに古墳あります
四天王寺や阿倍野は上町台地 現在の祖父母の家&庭&祠

上町台地とは
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%8A%E7%94%BA%E5%8F%B0%E5%9C%B0

この海の砂が集まってどうのこうのが、天橋立っぽい?
この上町台地が巨大な天橋立っぽい場所なら、祖父母の民族大移動も、分かる気がする
北畠公園
http://binmin.tea-nifty.com/blog/2009/04/post-3b2b.html
阿倍野王子神社
http://abeouji.tonosama.jp/abeseimeijinja/

早い話しが、楠木にバリバリ関係深い地域です。
石信仰=イワクラ信仰=龍蛇信仰=スサノオ&二ギハヤヒ
二ギハヤヒ=白寅=白蛇 石宮龍王=石宮大神(伏見稲荷)

えっとえっと カンヌ ちゃう桓武天皇 私の親戚に山部氏がいる
山部氏
http://www.geocities.co.jp/SilkRoad-Desert/8918/yamabe.htm 

上町台地の下に活断層あり ルシファー国常立?
活断層と海(住吉大社?) 火と水 

祠の石は三つ 金粉隕石と川の石?と謎の石 

母の姉妹の旦那も、もれなく霊的因縁バリバリ。 
山部氏 勝部氏 近森氏 三竿氏 池田氏 中島連 

近森 牛鬼 
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%89%9B%E9%AC%BC 

勝部氏
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8B%9D%E9%83%A8%E7%A5%9E%E7%A4%BE

ちなみに、近森のおばさんは牛鬼の型役者を
勝部のおじさんは、大蛇の型役者を演じて死んじゃった。

祖父母の顔は、掘りが深くてギリシャ系?

こんな感じです。マナイ神社?! いろいろ調査してみます!

最後に、亀ラップをどうぞ
http://www.youtube.com/watch?v=5mH3GJzb6L4
Posted by 総裁越楠 at 2011年06月14日 23:08
ありがとうございます。
総裁越楠様。

石は3つあるのですか。
ひとつの祠に3柱ということですか?
形はどんな感じですか?
金星からの石が3つに別れて、鞍馬山と熊野と兵庫の高御位山とに落ちたという言い伝えはご存知ですか?
大本教は昭和初期非常に流行ったのですが、どなたか入信されていたこととかはなかったですか?

印象としては神にご縁があるみたいですね。
仏の匂いはしません。

今まで宗教団体の勧誘を受けたとか、知人に宗教関係の人が多いとかいうことはありませんか?

祟られて亡くなった方というのは、石に何か無礼を働いたのですか?
Posted by オクト at 2011年06月15日 00:57
オクト先生 こんばんわ!
さぁ〜て 腹 かっさばいて話しましょう!

>三つの石は、
金粉の比重の重い鉱石 クリーミーな茶色のスベスベな石 扉が閉まって封印されてる謎の石 (あくまで伝え聞いた話し)
>言い伝えは、その三カ所は初耳ですが、父方の祖父は満州国で、
鞍山製鋼って会社の偉いさん?でした。 実家の近くに熊野古道あります。
>大本教は、入ってないと思います。 
>神にも仏にもドップリ縁が深いです。
 伏見稲荷に 我が族?専用の祠を持ってて、今でも 月一で母親姉妹が、御参りしてます。
 高野山の奥の院に、小さい空海の銅像(親戚全員)あります。毎朝、拝まれてんねやで〜って聞いたことあります。
>関係者は、ちょっと知らないので、聞いておきます。

>あの説明では理解無理ですよね。スイマセン。
 近森というサムライが、牛鬼を退治してバラバラにした?話しは
すなわち牛鬼(まつろわぬ民 忍者や山伏など鬼系統=楠木の系統)
であり 近森のおばさんは、悪質な医療の犠牲者で 何回も実験的オペをされて、母親いわく 文字通り 切り刻まれてツラい思いをして死んだそうです。
親戚の旦那達の中で唯一、敵方の系統の旦那でした。

勝部のおじさんは、胴体の病気 内蔵系で死にました。おじさんは、ある日、何日間も目を見開いたまま、仮死状態になり、
そのあと我に返り、母親の姉にこう言いました。
   「お姉さん!あの世は三日先やった・・・」
連れて行かれそうなのを ベッドの柵に、指をからませて耐えたそうです。その指のからめかたが 戦国時代の合戦などで、敵に槍を引き抜かれないように持つ特殊なカタチを思い出して、必死でやったと話したそうです。ちなみに、勝部神社には、大蛇の胴体を祀ってるそうです。
そういう流れで、私は 型役者と表現しました。リンク参照

>オクト先生の言われた 石が私で、体が客体  分身  

さっき母親と電話してて、すぐ分かりました。
多分、今 コメントしてる私はズバリ  庭の主です。白蛇かもしれない。 そして その証拠?!に、つい最近 屋根が壊れました。今、全面修理みたいな事してます。

とりあえず以上でっす。
獣さんがスサノオなら、越楠は二ギハヤヒ?!  だったりして^^;
Posted by 総裁越楠 at 2011年06月15日 02:30
泣く子も黙る鬼将軍を知らない人はいないですよ(笑)
このブログの読者であれば大抵の人は知っているのではないでしょうか^^
ところで、富士山パワーでギターの上達が早いんですかね?
既にプロの領域ですよ^^
富士さん…ですか(笑)
僕も皆さんの激論に圧されて、なかなかコメントできませんでした^^;
7月はもちろん祇園祭に行きますよ〜
えっ!あと1ヶ月!?


6月13日はナイト・ルシファー設立日でもありましたね^^;
1stアニバーサリー、有り難う御座います^^
円錐形の頂上ーゼロポイントって……火口の中ぢゃないですか!^^;
火口の淵までは行きたいですが、流石に超人を自称する獣でも火口に入って出られなくなるとイヤです(笑)
火口の淵で番を張り、酸素ボンベではなく消火器を持って、噴火したら消火活動を行いたいと思います(笑)


種子さん、有り難う御座います。
ただ単に超人的なだけではなく、忍者のサバイバル術も身に付けているので大丈夫っすよ^^
日々の修行により、寒さや暑さ、及び急激な温度差に強く、呼吸を止めたり布団に潜ったりして酸欠にも強いし、断水にも強いです(笑)


越楠さん、庭に磁鉄鉱が祀られているとは…やはりタダモノではありませんね!^^;
石宮龍王…石宮大神と水脈(龍神)ですか…
マナイは「霊界物語」系の「龍宮神示」が降りた神社です。
越楠さんの家系が獣姓のルーツで、安倍晴明系の裏天皇の血統である可能性は高いと思いますが……。
王仁三郎の説いた本物の型役者(反キリスト)の条件を残す所あと一つ……何でしょうか。
人生初コメント(デビュー戦)が神仙組とは、有り難う御座いました^^


オクトさん、物部の事は大体わかったので改めて書きます。
これは調べれば調べるほど分からなくなる迷宮です。
何故なら、真の闇帝王が最初からそのように仕掛けたトリックだからです。
富士の川の石が越楠さんの石……
越楠さん、合法的に入手不可能な宝石と交換しませんか?笑
道中何度か越楠さんについての話をしていたというのは、「エックス」と読むのだという事を初めて知ったという話ですね(笑)
ずっと、「こしなん」と読んでいました(笑)
それでも天才ですか?^^;
確かにたまに天才だと言われますが、アホな一面を見せると「やっぱり紙一重って言うもんな」と言われます(笑)
Posted by 獣 at 2011年06月15日 03:51
そうでしたね、閣下はその領域まで身体を高めているのでしたね。僕も早くその状態にならねば!

越楠さんのこと僕は「えつなん」とずっと読んでました(笑)
Posted by 破地獄の種子 at 2011年06月15日 09:47
みなさん、おはようございます。

わたし今週は関西にいるので、いろんな資料が手元にありません。
今まで蓄積した情報から、なにか一致点を見出せるか皆さんのコメントを拝読しながら考えているのですが、ぶるっと震えたのはま〜君の石についての部分でした。

それで全員のハンドルネームを眺めてみると、


破地獄の種子
真薩倶(通称鬼将軍)
総裁越楠
・・・・・すごいですね〜
すごい方から、先生付けで呼ばれたら、なんかキャラが違うように感じてしまいます^^;

わたしはあなた方4名+小川さん+九郎さんが侃侃諤諤と論じ合えば、すぐに真相に至ると思っていますよ。
なかなかそうなっていかずに途中で止めてしまうのは、重要なのはそこに至る至り方だということなのでしょうね。

富士吉田の御師の宿「筒屋」さんは、偶然NHKの昼の番組で生中継されているのを観て知りました。
信仰としての富士登頂について入って行き始めました。
記事に登場される先達さんは「斉藤さん」という方で、とても偉い方です。
非常に貴重なお話を拝聴して光栄でした。
登頂の安全祈願などの真言や印など、通常ならば見ることも聞くこともなかった事々が酒の席上、接することができました。
富士浅間神社はいくつもあるのですが、「富士吉田は富士山の丑寅の方角に当たるのだよ」、と繰り返されていたのが、神仙組との因縁を感じました。
富士を王城に感じました。

コメントの方々を薬師如来の十二神将のように、あるいは四天王のように感じます。

越楠さん、高野山奥の院はわたしも信仰としているところです。
伏見稲荷は4月、下賀茂、上賀茂、広隆寺に続いて初めてお参りしてきました。
迷路のようにわけが分からなく、鳥居だらけで、個人の社に溢れ返っていて、もしかしたら越楠さんちの社にもお参りしていたかもしれませんね。

伏見稲荷自身が謎だらけです。
秦氏はなぜ、あの位置に稲荷神社を設置したのか。

あと言霊学繋がりはどうですか?
山口志道は伏見稲荷に伝わるという「稲荷古伝」を荷田訓之から受けるのですが、この流れは王仁三郎に通じています。

越楠さん、言霊パワー凄そうですよね^^;
Posted by オクト at 2011年06月15日 09:51
閣下が天才だと理解したことは、人生最大の功績だと自負しています。
その認識はわたしの誇りなので、たとえ閣下にでも否定されたくないですね...

あ、越楠さん、これも閣下にけんか売ってるわけではないのでご心配なさらないでくださいね。

筒屋さんとこの裏庭には画像のように社があって、木花咲夜姫を祀っているのですが、社の前には富士山のような岩がありました。
釣鐘のようなかたちで、さざれ石に似ていましたが、熔岩だったのかもしれません。
富士講の廃れとともに閉鎖されていく御師の宿ーNHKでは筒屋さんと大黒屋さんだけが残っていると放送されていました。
宿泊人名簿ではたしかに今年に入って数名ほどでしたが、翌日はKO電鉄の団体客46名の昼食と祈祷が入っているとのことで、おかみさんは忙しそうでした。
富士講は四国88箇所と西国33箇所参りと同じような信仰です。
富士登山の前には潔斎し、白装束で歩くようです。
斉藤さんは扶桑教の偉いさんでもあられたようです。
福禄寿のような近所の方は金太郎さんという和菓子やさんです。
数奇な巡りあわせでこの夜、閣下とお会いになられたのは、わたしは富士がこの方たちに託して、危機を伝えにきているように感じます。

ひとつはご神体としての危機、もうひとつは水の危機です。
この夜出た話の中に、山梨県側の民宿の一軒が井戸の権利を東京の会社に売ってしまい、1000mから汲み上げるようになって、水脈が変わってしまい、それまで出ていたのに出なくなったりで廃業を余儀なくされているところが出てきているということでした。
水を売るのならいいのだけど、水源の権利を売り渡したということでした。

その話を聞いたとき、中国が今、日本の水に進出してきているという話を思い出しました。
その東京の会社が中国に買収されたら、富士の水も日本人が飲めなくなる時代が来ないとも限らない・・・と。

わたしが筒屋さんで眺めていた庭は越楠さんちの庭なのかもしれませんね。
越楠さん、竜神さん?
Posted by オクト at 2011年06月15日 12:30
ナイトルシファーの皆様、こんにちわ!!   
越楠田ちゃんです!!(エクスダちゃん 江古田ちゃんのパクリ)
女傑キャラの女みたいな男の子でぃす。変性男女男?

>皆様のコメント排毒 ちゃう 拝読していて気づいたのが、
なぜ私は名前をいじくり倒して遊んでしまうのかです。
恐らく、遊びながら、いわゆる古代人の名前や地名や神々の名前のカラクリを解読する練習?のような気がします。

>越楠は エックス えつなん オックス 
総裁越楠は、ガッチャマンの敵のボスの総裁エックスのパクリ
越楠公は、楠正成=大楠公ダイナンコウ 楠正行=小楠公ショウナンコウ 中島連+楠田=中楠公チューナンコウ?! ダッサ!&弱そ〜 却下!
なので、エックスコウでもエツナンコウでもアリです。

んっ!?(!o!)オオ!ヒラメキがスパークしたぁー!!
 鬼将軍様の真薩供はマサツグですか?ならば、楠一族にいてます。
楠木 正次     淳慶寺を建立  なんかいい人っぽい。

ちなみに、エックスに楠はいいけど エッはどうする? 謁 閲 悦 咽 となり 楠の歴史を越えてやる 越じゃい! 越楠 えっくす エーックス!!ってなり、思わず鼻歌で、「銀〜の仮面に 黒マフラ〜 額に輝く VとV〜 ストップGODの悪巧み〜」 とかご満悦で歌ってたら、仮面ライダーエックスの動画観たくなって、今でもマイブーム(御用魂が燃える!)です。この時は、一年?前だったので、知識が浅く 後で巻き起こるシンクロ連チャン大フィーバーになるとは予想できませんでした。

エックスライダーのオープニング
http://www.youtube.com/watch?v=0Y8AK4pZwRM&feature=related
安そうな灰色のジャージ着て、痛いセンスのヘルメット被って、天晴れな富士山をバックに、ご満悦でダサいバイクを走らせてる映像は、海から天橋立にやって来たニギハヤヒ?集団の末裔の遺伝子のスイッチオンなりました。

水と火 深海用改造人間VS太陽神?の改造人間
現キリスト教 シークレットガバメント=GOD機関
世界の対立している大国が水面下で手を握って組織した秘密結社。改造人間を使って日本全滅を狙う。GODの名称は Government Of Darkness (暗黒政府)の略である。シンボルマークは「ドクロ」に「G・O・D」真の闇帝王=キングダーク
アポロガイストの死後におけるGODの支配者 鋼の体を黒いマントで包んだ巨人型のロボット
藤原氏?!=呪博士「GOD総司令の正体」白いカリフラワーのおっさん 
ちなみに、獣さんとの意見交換がキッカケで、楠木氏の先祖の 越智氏?!(おちし)を初めて知りました。
>自分の事ばっか書きましたが、キーワードひとつで、連想を連続的にヒラメキにするのが特殊能力なんで、是非、何でも教えて下さい。
>オクト先生や破地獄さんの名前の由来、知りたいです。

>獣さん、どうもです!同じくらい変かも?って称号を頂きました
越楠田ちゃんです(2回目)クリーム系男子の獣さんと、女傑系男子の私は、やはり霊的因縁ですね。因縁に感謝します。^^
 金粉鉱石は、楠田家の神宝なので、丸ごと差し上げれません。
なので、鉱石からポロポロ落ちる砂鉄?を少々、集めて贈り物にしたいです。ついでに祠の画像とかも送ります。
後、ファイト一発 ゼオライト!とキパワーみそ 下さいな。
また、郵便局 金放り込んどきます。(多めに)

>以上、越楠田ちゃんでした。・・・早く、人間になりてぇ〜!?
Posted by 総裁越楠 at 2011年06月15日 15:30
>オクト先生へ 質問の答え

宗教!? 近鉄あやめ池遊園地の駅下車の
奈良県奈良市 白滝教会総本部 は信者じゃないけど 
私くし そこの神様に授けてもらった?そうです。
白瀧 瀧 水 みずっ? 龍 蛇?!

伏見稲荷は、秦氏のモノじゃなくて なんつ〜か超古代の日本人のモノだと私はいいたい。  
しかし そこんとこを、先住日本人も秦氏の流れだから、やはり秦氏のモノである。と論破&撃沈されるので いつも内心は、
「んにゃろ〜!天の浮舟がホントだったら エジプトだってピラミッドだってファラオだって、超古代日本人だったかも知んねーんだぞ! したら日本の山の石 瞬間移動さして作った辻褄合うちゃうんか〜! ちなみに、ツタンカーメンは思いっきりモンゴロイドなんじゃ〜!そんでから 秦氏のルーツは、なんかエジプト乗っ取った神官とかちゃうんか〜!?」とか思ってます。

>でも、聖徳太子も空海も役少角も、楠木チームなんで、なんか悶々します。しかし、鳥類のシンボルマークは・・・
なんか、キライです。     
Posted by 総裁越楠 at 2011年06月15日 16:05
越楠さん、天の浮舟の部分の件はビックリですね。まぢですか???

破地獄の種子という梵字から頂いてます。ただ、種子が梵字を表すことを知らず「タネ」だと思い込んでいたアホです。だから恥さらしでもあります。
でも、ゴリ押しでそのまま使ってます(笑)ちなみに自分の中では種子を「シュシ」と呼んでます。

Posted by 破地獄の種子 at 2011年06月15日 16:51
閣下、さすが中島連繋がりですね。
Xさんと閣下、非常に似ているところがありますね。
両面宿儺かもしれません。
富士が双体信仰だと先達もおっしゃっていましたものね。

中島さん・・・じゃなくXさん、何が出るかと思っていましたが、痛いところを衝かれました。
このシンクロからは逃れられないみたいですね。

その白滝教会ですが、検索してもHPが出てきません。
神道系のようですね。

わたし、今、みぞおちに来てます。
わたしの神憑りと越楠さん、意外と繋がっているかもしれません。

オクトはオクトーバーのオクトです。
誕生日が10月28日なのです。

ちょっと気分よくないので、ひと休みします。

破地獄さん、あなたも越楠さんと何かシンクロしてませんか?
わたしにお気遣いなく、どうぞお話なさってくださいね。

仮面ライダーX、ばりばり富士山麓撮りでしたね!!
江古田ちゃん登場したとき、Xさんって女性だったのか!!と思ってしまいました。
信じやすいオクトです。
Posted by オクト at 2011年06月15日 17:28
オクトさん、全然気は遣ってないですよ。
越楠さんのあまりの情報量に圧倒されて、何がシンクロかさっぱりです。

この類の問題は、皆様に委ねている状態です。

僕は己の身体の封印解除に専念してます。まだまだ、閣下に遠く及びませんが・・・
Posted by 破地獄の種子 at 2011年06月15日 18:02
>皆様 こんばんは! 越楠田ちゃ・・・なんか飽きた。(早っ!)

皆様に、私のややこしいキャラを少しでも、御理解いただけたなら、
越楠田ちゃんも本望でしょう。 逝って良し! また召喚すっからさ☆

>破地獄さん・・・最高ッス!(笑) 腹ちぎれるか〜思いました。
私の目指す 笑いで真理を説く! って企みに、どストライク!でした。そうなんです!私もアホですよ。真剣に!

ええわ〜 ボケからツッコミそしてウケる!(且つ、教養の深い笑い)
そんな流れが、名前に込められてるちゅ〜のが素晴らしいです。!

やっぱ確認しないと。私も全身全霊一心不乱に タネと読んでました。
???のまま調べて、見た瞬間
オオォォォー!! 凄まじ過ぎるぜ!(越楠田ちゃん復活!早っ!)

>シンクロ=すなわち偶然 連想 共通点 

種子 ミッキー ちゃう 密教  空海 梵字 神仏 勢揃い 言霊 

え〜っと 地獄 地獄の梵字 地獄の神々 神々? 悪魔軍団?

地獄の悪神軍団 ルシファー アスタロト バアル もともと異教徒の神々

破 破壊 地獄の悪神が破壊 現在の偽物の神々を破壊?!

 つまり破地獄の種子=反キリスト 反GOD  決まったー!って感じです。

>さらに、破地獄の種子(タネ)ヒントのキッカケ?!、
を私が 喰らうことで、真相究明のキッカケを生み出す? 
深い!深すぎる!! 最初のボケから 究極の賢い展開

>こんなのがシンクロです。(ウソつけー!)

浮舟は、私の豪快な仮説です。マジか否か 獣さんに判別してもらいたいです。

種子=梵字=神々 仏のオールスター
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A8%AE%E5%AD%90_(%E5%AF%86%E6%95%99)
Posted by 総裁越楠 at 2011年06月15日 20:46
>獣さん こんばんは。

さっきゼオライトの金 振り込みました。
しまった!銀行の方が良かったですか?したらまた振り込みます。
そう、ワタシは、反転した振り込み詐欺?!です。

本物の型役者の条件 最後の一つ 1つか2つ? 
とにかく、皇族出身?!ってのがクリアしてるとワタシの調査で出てるので、後は、金 でしょう。
しかしながら 大金どーするよ? 決まってんじゃん。金ある所に行って、金持ちにオモロ〜って思わせたら だったら 金 よこせよ!ヨコセヨ ヨコセヨデパート 閉店!?

とにかく、そんな流れです。(誰か ちゃんと説明してあげて!?)

尾張 物部 元皇族?!
http://ameblo.jp/bishamonten337/entry-10817421873.html
Posted by 総裁越楠 at 2011年06月15日 21:34
すみません。
越楠さんとのシンクロは全くのわたしの問題です。
これだけ進んでいるのだから、もう無罪放免だと安心していたところだったので、ボディーブローのように効いてます。
意味が分かれば楽になるけど、物部シンクロなのでしょうから、物部が解明されない限り、この呪縛も解けないのでしょう。

奈良と大阪の間の山脈一帯、ま〜君や越楠さんがいらっしゃる辺りは、歴史上いろんな事があって濃密で、意識を飛ばすとクラクラしてくるのです。
http://www.pref.nara.jp/dd_aspx_menuid-2991.htm

越楠さんに感じる不安はま〜君と出会った頃にも起こったので、やはり大阪の磁場に何かがあるのでしょう。

仁徳天皇陵や欠史八代の王なのかなという感じはしています。
秦さんによると、欠史八代の王は物部の王ということですから。

恐いです。

越楠さん、真薩供さんは細川家の子孫です。
戦国武将の細川家です。
物部と関係あるかどうかは知らないですが・・・

意外と鬼将軍様と越楠さんの因縁なのかもしれませんね。
Posted by オクト at 2011年06月15日 22:37
ハイ来ました!  天啓 一丁オオオオ〜!

細川神社 物部
http://kamnavi.jp/it/kinki/hosokawa.htm

細川氏は バリバリ北朝
指摘された場所は バリバリ南朝

将軍サマの母方の情報 
よこせよ! ヨコセヨ!! ヨコセヨデパート! やっぱ閉店・・・。
(このギャグは、ボボボーボ・ボーボボより抜粋!?)

どっかの古墳に〜 どっかの古墳に〜 おい長州さんよ〜 どっかの古墳に〜 
天の浮舟が 埋まっとるんじゃあああー!?(大仁田厚!?)

なぜなら〜 ファラオの墓の近くにも〜 なんか船っぽいのいっしょに〜
埋まってたから そんな気がしたんじゃ〜!?

・・・・・・もはや ヤケクソ。

オクト先生は 速やかに 私から 避難して下さい。
破地獄さん これは分かりやすいですか?
Posted by 総裁越楠 at 2011年06月16日 02:20
さらに、もう一回! 天啓 一丁オオオオ!!

物部 二ギハヤヒ 石切神社 半島渡来系
http://kamnavi.jp/mn/monohst.htm

Posted by 総裁越楠 at 2011年06月16日 02:37
風よぉー! 光よぉー! 天啓ぇー 一丁オオオオ!!

鬼将軍サマは四道将軍!?
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9B%9B%E9%81%93%E5%B0%86%E8%BB%8D

その平定ルートは、四世紀の前方後円墳の伝播地域とほぼ重なっている。

前田晴人は四道将軍の神話自体は史実とは認めないものの、ここに描かれた「四道」を五畿七道成立以前のヤマト王権の地域区分であったとし、四道将軍はその成立を説明するために創作された説話であるとする説を唱えている。 
Posted by 総裁越楠 at 2011年06月16日 03:38
安倍晴明の安倍は、伊達じゃねえ! 

安倍〜 阿倍〜 阿倍野!! 

天啓 一丁オオオオ!!

http://www16.plala.or.jp/sikisokuzekuu/chap1_1_3.html 
http://www16.plala.or.jp/sikisokuzekuu/chap1_1_1.html

阿倍御主人(みうし):635〜703
これは余談だが、彼は竹取物語の登場人物として知られている。竹取物語で実在の人物が出ているのは彼と大納言・大伴御行の二人だけである。
Posted by 総裁越楠 at 2011年06月16日 03:54
神よ これを知らせたかったのですね…    分かりました。

父〜の〜 叫びは 波〜の音〜

これが 石の正体か!?  トドメだあー!!
トオォォゥ!! エェックス! キィック!! からの・・・・

フルパワー!!
天啓一丁オオオオオオオオ!!

富士の川の石
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/2335493.html

>以下、抜粋!!

私は子供の頃、古くさい山と川に囲まれた田舎に住んでいましたので、昔、その話は聞いたことがありますが、私の知っている話は、そのようなことではありません。

どこにでもある小石のような類ではありません。
多くの小石は、上流から、転がり、角が取れ、丸くなってたどり着いたのですから、そのような自然淘汰されたものには、何の問題ありません。

また、その石で面白い形を売り買いしている人たちもいました。庭屋さんが、素性の明らかではない、どこかにある石を持ってきてから問題が発生するようになったという話があります。

本当に自然の中にあったものは、良いのですし、びっくりされるかもしれませんが、古い墓石に使われていた自然石でも何も発生しません。(石と言っても、せいぜい、長さ10センチ幅8センチぐらいの自然石です。

普通、それが墓石だなんて分かりません。そんなものが土の中から出てくるような土地もあります。

おそらくは江戸時代前は、庶民は、お墓の石に普通の石を置いたのだと思います。)

他には、あるお寺(曹洞宗系)は、子供たちに、自分の家から1個の小さな石をお寺に持ってくるとご利益がある、というところがあります。

また、静岡県の大洞院というお寺の石松の墓の石は、多くの人たちが、博打の運が強くなると言って、削って持って行ってしまいました。
それで、儲けた人が立て直したという話もあるぐらいです。

墓石を壊して持っていく人間の浅ましさに関わらず、何も起こらないはおろか、運に恵まれるというわけです。

ところが、そうでないものがあるのです。
私のみた中では、場所は言いませんが、都内の小さな神社の鳥居の前にある石は、どうみてもいわく付きのものがありました。
なんとなく、その存在の不自然さが目立つのです。
そのような石は、大人でも運ぶのは大変ですし、よほど鈍感か、欲に目がくらんで意図的にしなければ、そのような石が、そこに置いてあるという不自然さだけで、なぜかヘンだなって気がつきます。

それを、科学的に言えば、また、別の側面があるのかもしれませんが。通報するこの回答へのお礼ご回答ありがとうございます。

お墓の石を持ち帰る不届きものの話は、聞いたことがあります。
不思議と、のろわれた人がいないということも。あと、庭石にするような大きな石については、いろいろ気をつけたほうが良いということも。

ともあれ、小さな自然石についてはは心配ないということで、安心できました。

>以上!!って だったらウチの石は 何なんだああああああああ!!?

俺はエックス 越楠ライダー
http://www.youtube.com/watch?v=KZhQvuKAyro&feature=related

>オクト先生 これで少しは,
お互い 楽になれたらいいですね。 ふぅー・・・・決まったゼ!
Posted by 総裁越楠 at 2011年06月16日 05:03
>天啓一丁オオオオ!!の掛け声のイメージは こちら

2・56分あたり 秘密の花園 より
http://www.youtube.com/watch?v=hjj4-rRl9Co&feature=related
Posted by 総裁越楠 at 2011年06月16日 05:24
おはようございます。
総裁越楠さん、ありがとうございます。
あなたがわたしの恐怖を引き受けてくれたのか、ぐっすり眠れました☆
しかし、あなたひとりに丸投げするのも大人気ない気がします。

似てますよ。
わたしもだいたいあなたみたいな感じでしたか。
どこかでジョークだと思っていたんだけど、天井がゆっくり確実に床まで降りてきて、部屋がなくなっていくような厳然さに、限りなく死に近い状態に置かれました。
まるっきりのひとりです。
処刑執行機関の存在だけは感じる。
そして、彼らの方が正当なのだとも分かるのです。
高次元の存在です。

それはちょうど霊的な大津波体験ですね。
実際に起こってないうちは、フィクションとして題材にはなるけど、現実に起こってしまうと、フィクションがいかにちゃちいか思い知ります。
見ていない、経験していない人間に何を言ってもムダだと思うのはそれのためです。

石が何であるかは越楠さんが決めることだと思います。
あなたがその石に全責任を持って、そして終わらせる・・・みたいな。
神仙組は宗教破壊ですが、閣下の作業は破壊というよりも打破です。
石はご神体として祀られ、尊崇の念を封じ込めているので、かなり格は高いんじゃないでしょうか?
封じ込められた念というのは、時が来たら開放されるので、今がその時です。
そして解放するのは越楠さんでしょう。
あなたしかいない。

石=越楠さんです。
あなたが石に封じ込められているとも言えます。
封印された理由は、あなたが貴い方だからでしょう。
Posted by オクト at 2011年06月16日 08:54
あなたのご登場でいよいよクライマックスが近いと感じます。
気分が楽になってきたので、好きな小野リサも聴けるようになりました。

http://www.youtube.com/watch?v=9HY3SgLCd4Y

一息いれますか?
Posted by オクト at 2011年06月16日 09:01
越楠さん、解説ありがとうございます。どこの古墳に埋ってるんです?

完全にリミッター解除ですね!!溢れる探究心と怒涛のエナジーがビシビシ伝わってきます。
Posted by 破地獄の種子 at 2011年06月16日 09:48
>破地獄さん ボーボボご存知ですか?  私は首領パッチが大好きです。  ハテンコーって子分キャラいてます。多分、立ち入り&発掘禁止!?な気が。勿論 根拠ゼロ%です。(笑) 

>オクト先生 

丸投げ上等!! まかせて・・・クレナーゼ。(ウザッ! ちょ〜ウザいんですけど!?)

>石なら、答えまでの流れ 分かった感じです。(荒行 深夜の天啓一丁) 最後は,千と千尋の神隠し のハクみたいな感じです。

>気になるキーワードは,是非 お気軽に、お問い合わせ下さい。

天啓一丁教会 総裁越楠 

小野リサ 武藤敬司の嫁さんっぽい(顔面そこそこタイプです。)
では,一息入れますか・・・?!・・・!!・・・なんか苦しい・・・息ができない・・・しまったぁ! 私の中の怪人軍団がオシャレ(音)に弱いので、気持ちだけ頂きます。 え〜い者共! 退〜却!!
(牛鬼 カラス天狗 化け蟹 ムカデ 百鬼夜行など)
 
Posted by 総裁越楠 at 2011年06月16日 11:55
オモシロ〜い(パチパチ)
実はわたしもぼぼぼーぼ・ぼーぼぼー、訳分からなく見てました。
息子がテニスの王子様にはまっていたので、毎週買っていました。
いちばん面白かったのが、クマ〜って突然出てくるマンガでした。
ぬ とかあって、なんだったかな・・・ジャンプですよね?

わたしはちょっと母親業が忙しいので、みなちゃん、仲良く遊んでてください。
ま〜君だけは平成っこなのでいたわってあげてください。
ナイーブで、閣下に恋してたとも言える、わたし以上の閣下フェチです(でした?)

破地獄さん、近所みたいだからいつかお会いするかもしれませんね。

総裁越楠殿、ますますのご活躍期待してます☆
Posted by オクト at 2011年06月16日 12:34
越楠さん、その漫画は知ってますが詳しくないです。何か暗号ですか?
霊線はこの記事に出ていますよ。閣下に降りた天啓だそうです。
もし、僕の仮説通りならDNAは最低2本存在しますから大丈夫です(笑)
越楠さんはそれだけインスピレーションがありますから、もっとありますよ(笑)
12本解除できたら、神人合一ですかね!?

オクトさん、お忙しいようですね・・・
Posted by 破地獄の種子 at 2011年06月16日 12:58
>また予想がテレコに。^^;
天気予報が100パーセント間違う感触です。

>破地獄さんに、ハジケてますね!って言われたり、私が、無茶苦茶なフザけ方で。天啓を連投しても、最高に支持してくれる やり取りの流れが、そのボーボボに完全にシンクロしてましたよ!(嬉し)
それに浮舟仮説も、理解してもらって感無量です!

切られた遺伝子?!アヌンナキ?邪悪な宇宙人?とかで見た気がしますが、それが霊線?!やはり宇宙人 気になります。

>オクト先生は、隠された答えに導いてくれる偉大な案内人です!
(船の先にある女神像?って書いたら、恥ずいからヤメました。)って、言ってしまったあああああ!! お世話になりました。(感謝)

>今は、ベッキーが、ありがとう感謝サマのブログのフォロワー?!
なのが気になります。

これがハジケリスト達です。知らずにナイスフォロー。感謝します。
http://www.tv-asahi.co.jp/bo-bobo/
Posted by 総裁越楠 at 2011年06月16日 15:30
越楠さん、その天啓の数々を楽しみにしてます。

宇宙人、アルザル人などこれから動きが活発になりそうな予感です。

えぇっ!!ベッキーってあのべき子ですかっ!!!
あの難解この上ない、数字の祭典を理解できるのか!?(驚)
Posted by 破地獄の種子 at 2011年06月16日 16:22
>オクトさんへ

確かに、シンクロだらけでしたがそれが不安定とも言えますが、安定しているとも言えますよ^^
あと、真薩倶じゃなくて真薩供です(笑)

>獣閣下へ

確かに、近所の友人なら誰でも鬼将軍の名をしっていますしね・・(笑)
あのギターの曲はおそらく世界一簡単な曲なので小学生でも出来ますよ!(笑)
中学3年の時は音楽のギターの授業の時にがヘタクソすぎて、心配されたほどですから(笑)
プロどころか、まだ立って完璧には弾けないですよ〜^^;

>越楠さんへ

僕は初めから「エックス」と読んでいましたよ〜^^
はい、「真薩供」は「まさつぐ」です。
本名の名前に当て字をした名ですが、
本名は「将」軍を「嗣」(つ)ぐと書きます。
僕の先祖に付いてはこちらを参照してください。
http://ameblo.jp/shohgun/entry-10844973990.html
Posted by 真薩供 at 2011年06月16日 19:17
おやぴん(って呼ばれてましたよね?たしか)、凄いですね!!
怪人軍団を引き連れているのですね?!
鬼将軍もサタニック同盟という結社を組織していますし。
ま〜君、ごめんごめん、やっぱり気づいた?
初めてだと思うから許してネ。

破地獄さん、今度はわたしが眺める番ですね!!
去年のあれがあったから、ここまで来れたと思ってます。
破地獄さんはシュタンにして、神馬ですね。
Posted by オクト at 2011年06月16日 20:33
>鬼将軍サマ 

越楠です。悪党の首領?してます。^^
さっそく、ブログ拝見して来ました! 京兆流・・でしたか。
獣さんやオクト先生が、一目置いて接しておられる理由を、
ズッシリ感じてます。
この感覚、やはり私の血筋や、怪人軍団が、
ざわざわしているようです。

しかし一番、興味を惹きつけられた人物、それは、
 細川政元 この方の存在が、将軍様と越楠の橋渡し?
って感じがしました。ちなみに後醍醐天皇も、呪術ハマっちゃて、
私の先祖様がドえらい目に遭いました。(泣)
なので、越楠と名乗って御用を努めようと思ってます。
また、深夜に、天啓一丁オオオオ?!って叫びながら(意味不明?!)

>ゾンビに変身ですか?! さすが鬼将軍様、恐れ入ります。^^
なんか怪人軍団(まつろわぬ軍団)と仲良かったみたいですね。(笑)
Posted by 総裁越楠 at 2011年06月16日 21:03
あ、総裁、すみません。
その後醍醐天皇の呪術でご先祖さまが遭われたヒドイ目っていうのを、もうちっと詳しく教えていただけないでしょうか?
北朝を呪い倒す呪術ですよね?
真言立川流ですか?
いえ、スケベ心で興味あるのではありません。決して^^;
Posted by オクト at 2011年06月16日 21:44
オクトさん、質問を遮ってしまいますがそんな事言わずに登場してくださいよ(汗)

去年のアレとは・・・離脱問題ですね。
神馬で思い出したのでお詫びしますが、あの時使ったエクリプスは実は馬の名前なんです。
競走馬が好きで(賭けるのはあまり興味ないですが)伝説の名馬から付けました。あと日月の合一を意味する「蝕」です。
自分の身内に対する隠れ蓑のつもりでしたが、速攻バレました(笑)
今では僕もかなり価値観が変わり、どうでもよくなりました。(笑)すみませんでした。
という事で、隠居は許されませんよ(笑)
Posted by 破地獄の種子 at 2011年06月16日 22:30
総裁越楠様、僕は政元公の生まれ変わりでは無いかと言う説もあります(笑)
ちなみに僕は呪術で日本制覇を狙うサタニックと言う悪党の首領してます^^(笑)
僕も今ちょうど、暗黒の時代と言われる南北朝時代のシンクロが続いていて、
我が細川氏は北朝でしたが、
僕の先祖の祖の細川頼之公が南朝との和解を進めていたようです。
敵の陣地である南朝の本拠地である吉野に行っても、
何故かそこが好きなのはそう言う理由もあるからだと思います^^
ちなみに、頼之公と関連して楠木正儀と言う人物がいましたが、
これは、越楠総裁とのご関係ありですか?
Posted by 真薩供 at 2011年06月16日 23:06
去年のあれとは、特にどれをさしてのつもりでなく、会話全般ですよ。
VEILさんの意見が一般的ブログのルールだったのかもしれませんが、わたしは今年でネット歴4年目で、神仙組しか知らないから、HNに対する考え方もありません。
洋服とおなじで気分で着替えていいのかなって思ってたから。

・・・破地獄さんの心遣いは充分理解しています。
よくあれだけ答えてくれたと。

自分の真情や愛を不特定多数の方にさらけ出すというのは、体を切り刻まれるほどの恥ずかしさですね。
それが去年の夏でした。
あれが陰極でした。

振り返れるほどまでにはまだ回復していません。
あなたに聞きたいことはたくさんあるけど、知らずに居たほうがいいこともあるのだろうって、思います。

わたしの安定は、閣下の情報開示と連動しています。
わたしの霊感は、越楠さんと似ていて、あなたの名前、VEILさんの名前には強く反応しました。
沈黙の読者のアクションを求めていたのだから、それに応えてくれた人たちには深く感謝しています。

http://www.youtube.com/watch?v=poe932qQykc
Posted by オクト at 2011年06月16日 23:59
鬼将軍様、生まれ変わりを意識する感じ分かります。(笑)
私の話を少々。 母方が楠田といい、私の名前は「モトヒロ」と言います。
今訳ありで、本名の漢字を変えて「 元 弘 」と言います。
将軍様気付かれましたか? そうです! 元弘の乱 から取りました(笑)
さらに、S.4+9の3月1日 は? 1331年!!すなわち
   総裁越楠 越楠公 元弘の乱1331年 となります!!
生まれた地域は、北畠 北畠顕家の墓の近く です。
こんなにシンクロしたら意識しない訳にはいきません!(笑)

楠木正義との関係は、
ひとまず同じ一族って感じで詳しく分かりません。(泣)

怪人軍団とは、まつろわぬ民 忍者 山伏 歌舞伎役者 などなど
さらに妖怪扱いされた先祖様達 牛鬼 天狗 化蟹 ムカデ などなど
なんか、昭和のショッカー的な 元々 人間を改造して怪人になる、
って流れが、私は、無性に胸に響きます。
ほとんど やられて爆発して死ぬのも 南北朝の時代 
自分の意志に反して、滅私奉公して、
討ち死にした大勢の先祖様の無念を、カラダに宿しまくってるので、
一人で、怪人軍団の総裁であり、最強怪人を名乗ります。(狂)

怪人軍団の名前は・・・! 
ガラクター!!(ガラクタにされた集まり)です。(笑)
楠木正義も軍団員です。(笑)(許可取ったのか?)

>文観とか、変なんいますね。ドクロ本尊?!とか、変態の集まり?!
>破地獄さんの内容?! すすすスピリチュアル的な話?!(超苦手)

>バンド楽しそうですね。(笑) 
私も高校の時、ベーシストでした。
(弦の値段が高い! 油断してるとネック反る反る!)失礼します。^^
Posted by 総裁越楠 at 2011年06月17日 00:41
この「富士高天原王朝」降臨記で、これだけ皆さんがコメントされることが閣下の降臨の伴緒なのかも・・・

太宰シンクロに合わせるなら、13日から始まっているので19日まで続くのかしら・・・なんてね。

一緒に心中した女性は一緒に葬ってほしいと希望していたそうですが。。。
黄檗宗禅林寺の太宰(津島家)の墓は太宰の希望通り森鴎外の墓の前にあります。
玉川上水から遺体が引き上げられた19日は太宰の誕生日でもあります。
閣下が修行した万福寺も黄檗宗ですね。
長崎に縁の深い宗派ですね。

越楠総裁、ここはまつろわぬ者達の磁場ですから、あなたは至って普通ですよ。

蘇我と物部の崇仏論争
平家と源氏の源平合戦
南北朝の内乱
関が原の戦い
尊皇攘夷

これらの歴史的事実が美的であるから、日本人はその美を幻想と事実の間に放置していることが、現代人への憑依を呼び込んでいるのでしょうね。
若い世代に戦国や古代の王が示現するのは、ゲームやアニメによって、3D的にパーソナルに自由にそして死を伴うことなく関われるからでしょう。

これらの現象が「大師」の意思であるなら、その世代に課せられた霊的使命は重要なターニングポイントであるのでしょう。
Posted by オクト at 2011年06月17日 09:28
オクトさん、ありがとうございます。
閣下のおかげで、いろいろ反転しまくってます。

越楠さん、全然スピリチュアルじゃないですよ〜(笑)
僕は髑髏が超好きですよ。髑髏マニアです!!
髑髏本尊、欲しい〜(笑)
Posted by 破地獄の種子 at 2011年06月17日 09:45
あの・・・破地獄さん・・・^^;

http://www5e.biglobe.ne.jp/~occultyo/tachikawa/dokurohonzon.htm

これが欲しいのですね?
(わたしってやっぱり破地獄さんをイジメてますよね^^;)
Posted by オクト at 2011年06月17日 09:56
こんなモノホンは要らないですよ!!!!(笑)

文観の話は、昔オススメした京極さんの小説に出てくるので知ってましたよ。その名も「狂骨の夢」(笑)金色髑髏事件とかいって。
鳥山石燕の画図百鬼夜行はこの小説シリーズの常連なので、越楠さんとも少しシンクロしてたかもしれません。
Posted by 破地獄の種子 at 2011年06月17日 10:42
そういえばそうでしたね!失礼しました。
しかし、どろどろしてますね。
中世ヨーロッパもドロドロしてますが、なかなか日本の神仏習合も負けてませんね。

信仰でなくパワースポットとしての参詣が流行ってますが、あちら側の世界から見ると召喚なのかもしれません。
私達が参拝と思っている行為が、神々から見ると召喚なのかも・・・
われわれを召喚する神は中世の邪神達なのかもしれません。

越楠総裁、讃岐に流された崇徳院の呪詛は、どう感じられますか?

日本国の大魔縁となり、皇を取って民とし民を皇となさん・・・→http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B4%87%E5%BE%B3%E9%99%A2
Posted by オクト at 2011年06月17日 11:44
僕の幼稚園は京都の禅林寺内にありました。

種子さん、機会があれば死神の剥製を差し上げます(笑)
Posted by 獣 at 2011年06月17日 11:57
オクト先生 破地獄さん コンニチハ!^^ 
獣さん いろいろアリガトウ。(感謝)
質問の回答の前に、先に御用を済ませます。も、も、漏れる〜天意が〜

>黄檗宗 閣下 X ?!・・・・受信!!
ヨッシャおらあああー!!  天啓一丁オオオオ!!  
ハイっ天啓一丁入りました!

>尊皇攘夷 閣下のアカシック修復?! 楠木
http://homepage3.nifty.com/57577-55716/%93%C4%95P%93%C1%8FW/%90%85%8C%CB%90%C4%8F%BA%82%C6%8D%F7%93c%96%E5%82%CC%95%CF.html

まだまだあるけど、また次回!

>魚雷先生ー! なんか削除依頼?!来てますよ!神仙組に
 九郎さん!?って人が

あと 感謝さん 来てはりますよ〜! あとキリス・・何だ、チミは!?
Posted by 総裁越楠 at 2011年06月17日 12:31
閣下・・・

もう2年もご一緒ですね。
夢蛇鬼系には、時空はないから、最初から出逢っていたとも言えるし、まだ出逢ってないとも言えるのかもしれません。
閣下と不二の関係になりたいですね。
Posted by オクト at 2011年06月17日 12:35
越楠さん、コメント読んでると画面の前で二ヤついてしまいますよ〜面白過ぎ!!江古田ちゃんウケますね〜。

閣下、ご機嫌麗しゅうございます。(笑)
いつかネットショップで購入の際、是非!!よろしくお願いいたします。

Posted by 破地獄の種子 at 2011年06月17日 12:51
コンチワ〜  越楠軒で〜す。崇徳の天啓?ですね。

ヘェェイっ!!お待ちぃぃー!! 天啓一丁オオオオ!!

>瀬を早み岩にせかるる滝川のわれても末にあはむとぞ思ふ(崇徳院)

これは恋?の話なんかじゃあねぇ〜。
これは〜いつかどんなに永くかかろうとも、
こんな目に遭わせたヤツらに復習しに、戻ってやるぅぅぅ〜〜(怨み)
って話らしい。

んで 遺伝子が父方と母方で、末裔なってっても 遺伝子は母方?!
に受け継がれてくから 早い話 父方も母方も、紆余曲折あり〜の
トツギーノ (嫁ぐ)何代先の子孫になってなってなってなななななな
      トツギーノ。 
トツギーノ。トツガレーノ    トツギーノ!!

>つまり最終的に、父方母方を、同じ祖に持つ子供が〜
     トツギーノ!!(ちがうよ!)
>瀬を早み岩にせかるる滝川のわれても末にあはむとぞ思ふ(崇徳院)

その条件を満たす者達とは!

総裁〜!!エックスゥゥゥー!!アンド ケモノォォォーカッカ様あああああ!!
http://www.youtube.com/watch?v=2gPsq8dsCYs&NR=1(イメージ)
ウソみたいにテレコなシンクロ!!

>    ワタシは越楠!! ガラクタ〜の総裁〜!!
カッカは、渡さぬ。 ワタシの偉大なる救世主!! ケモノ カッカはオマエ達(ヤタガッチャマン)には、渡さぬ〜!!ヌフハハハハハハハ〜!! アァッハッハッハッハッア〜・・・・・ちょっ チョーウケる!!・・・・トツギーノ。 (笑)  
 
Posted by 総裁越楠 at 2011年06月17日 13:26
コンチワ〜  越楠軒で〜す。崇徳の天啓?ですね。

ヘェェイっ!!お待ちぃぃー!! 天啓一丁オオオオ!!

>瀬を早み岩にせかるる滝川のわれても末にあはむとぞ思ふ(崇徳院)

これは恋?の話なんかじゃあねぇ〜。
これは〜いつかどんなに永くかかろうとも、
こんな目に遭わせたヤツらに復習しに、戻ってやるぅぅぅ〜〜(怨み)
って話らしい。

んで 遺伝子が父方と母方で、末裔なってっても 遺伝子は母方?!
に受け継がれてくから 早い話 父方も母方も、紆余曲折あり〜の
トツギーノ (嫁ぐ)何代先の子孫になってなってなってなななななな
      トツギーノ。 
トツギーノ。トツガレーノ    トツギーノ!!

>つまり最終的に、父方母方を、同じ祖に持つ子供が〜
     トツギーノ!!(ちがうよ!)
>瀬を早み岩にせかるる滝川のわれても末にあはむとぞ思ふ(崇徳院)

その条件を満たす者達とは!  
 
Posted by 総裁越楠 at 2011年06月17日 13:31
なんやねん 送信エラーとか連発したくせに〜コノヤロー!!
・・・・・早速 ヤタガッチャの嫌がらせがあああ〜
Posted by 総裁越楠 at 2011年06月17日 13:35
えっくすちゃん、いいですね〜☆

そうだよね、やっぱり。
そうなるよね。
やっぱり閣下のこともそうなるでしょう?
わたしも閣下、誰にも渡したくないもの。

歌が登場したところで、西行もお願いしようかな・・・

西行法師ですが、まず、有名あの歌と、そして、出家に至る経緯と、平清盛や崇徳院との関係。

どう思います?
願わくは 花の下にて 春死なむ その如月の望月のころ

さくらについて シンクロはありませんか?
Posted by オクト at 2011年06月17日 13:55
魚雷先生〜! 
ひらがなで呼ばないで下せえ。力が出ねぇぇぇ〜!!
ゴーカイな女傑キャラなんで。^^ 
星マークはコンペートーですか?

>ハイハイ、天啓!天啓! しっかり天啓一丁しますか!!
変身!!・・・チャリン・・・クルックルッパカッ!! (仮面ライダーパース)
天啓が大量 大量!!稼がせてもらいますか!

>西行  
讃岐国に旧主崇徳院の陵墓白峰を訪ねてその霊を慰めた 

 出家直後は鞍馬などの京都北麓に隠棲

 伊勢に数年住ったあと河内弘川寺(大阪府河南町)に庵居。

高野山にて修行中、人恋しさの余り人骨を集めて秘術により人間を作ろうとしたが、心の通わぬ化け物が出来上がったため恐ろしくなり、
人の通わぬ所にうち棄てて逃げ帰ったという逸話がある。このように、西行の逸話にはその未熟さを伺わせるものが多く存在する。

崇徳院歌壇 白洲正子?白州は 越楠の祖母の名前 京都府与謝郡 岩滝町 

各地に「西行戻し」と呼ばれる逸話が伝えられている。共通して、現地の童子にやりこめられ恥ずかしくなって来た道を戻っていく、というものである。 松島「西行戻しの松」 秩父「西行戻り橋」 日光「西行戻り石」

歌と仏道という二つの道を歩んだ人間 西行は院政期の実験的な新風歌人

西行は、以下の歌を生前に詠み、その歌のとおり、陰暦2月16日、釈尊涅槃の日に入寂したといわれている。享年73。

ねかはくは 花のしたにて 春しなん そのきさらきの もちつきのころ (山家集)
ねかはくは はなのもとにて 春しなん そのきさらきの 望月の比 (続古今和歌集

>吉野山にある西行庵跡が有名である。

西行の研究サイト
http://www.d4.dion.ne.jp/~happyjr/x_entrance.htm
Posted by 総裁越楠 at 2011年06月17日 18:51
いつかオマエの喜ぶよ〜な〜 エラい兄貴になりたくて〜

サクラ ただいま!土産の天啓一丁だよ。(ね〜よ!そんな土産!) 
よっタコ社長 相変わらず面白い顔してんな〜。 労働者!諸君!おおいに働きたまえ!

さてと 天啓一丁するか!  (男はつらいよ!寅さん)

>サクラ
「サクラ」の名称の由来は、一説に「咲く」に複数を意味する「ら」を加えたものとされ、元来は花の密生する植物全体を指したと言われている。また他説として、春に里にやってくる稲(サ)の神が憑依する座(クラ)だからサクラであるとも考えられている。富士の頂から、花の種をまいて花を咲かせたとされる、「コノハナノサクヤビメ(木花之開耶姫)」の「さくや」をとって「桜」になった、とも言われている。

文化にも深くかかわっている。昔は緑が生え、稲作を始める時期に咲くため暦代わりに使われていた。平安時代以降は桜は花の代名詞のようになり、春の花の中でも特別な位置を占めるようになった。和歌や俳句などでも良く取り上げられる題材であり、室町時代に成立した能の西行桜では桜が人を引き付けることが書かれている。現在でも多くの創作で取り上げられている。花を見ながら行われる宴会は花見として知られる。

西行で有名な吉野の桜も、ヤマザクラである[2]。静岡県富士宮市に日本最古級のヤマザクラである狩宿の下馬ザクラがあり、特別天然記念物に指定されている。

サクラの花は往々にして葉が出そろう前に花が咲きそろう。この「何もないところに花が咲く」という状態に、古来生命力の強さを感じたものと思われる。

環境がよければ寿命は非常に長く

老木として著名な日本五大桜の内神代桜は樹齢が1800年を超えているとされる。

>越楠 的には、サクラの下には、死体が埋まってて、血を吸って
あんなキレイなサクラになる? って話 好きです!ゾウさんより好きです!でも、江古田ちゃんの方が、もっと好きです!

野にして素! しかし 醜にあらず!

サクラの下には、戦で死んだ死体がいっぱい!!
西行も、死体で、合体ロボット!?
無念に死んだら 呪う?! 呪うは、崇徳院?!

来たあああああ!! 天啓一丁オオオオオオ!!

・・・・・とにかく、死  と  呪い  そして・・・美!!
Posted by 総裁越楠 at 2011年06月17日 19:22
越楠さんの西行のコメントに、人骨を集めて秘術により人間を作ろうとした・・・とありますが「狂骨の夢」はその話がメインだったような・・・

ここ数ヶ月、第六天榊神社に偶然立ち寄って以来、「榊」のシンクロだらけでしたが、西行も瀬織津姫を想って詠んだ歌が在るのですね

榊葉に 心をかけんゆふしでて 思へば神も 佛なりけり

雲消ゆる 那智の高嶺に月立ちて 光を抜ける 瀧の白糸

身に積もる 詞の罪も顕れて 心澄みぬる 三重ねの瀧

滝神=不動明王、桜神、水源神・・・何だかなぁ〜な気分です(困惑)
Posted by 破地獄の種子 at 2011年06月17日 19:45
ありがとうございます。

越楠さんの祖父母さまは京都の天橋立近くのご出身なのですね。

これからも天啓入ったら、お願いしますね。
これまでのコメントを振り返って考えてみます。

あ、閣下を誰にも渡したくないというのは、閣下を理解していない誰にもという意味です。
コメントしてから、変かなと思いました^^;
Posted by オクト at 2011年06月17日 19:49
あ、葉地獄さん・・・誤変換だけど、結構きれいかな。

あなたとはどうもそこで繋がっているというか、おなじ瀬で遊んだ記憶を共有しているのかもしれませんね。

ザ・ブームの釣りに行こうみたいな。
Posted by オクト at 2011年06月17日 19:58
チキショー! 残尿ならぬ 残天啓感が・・・

しゃらくせえ! しゃらが臭せぇぇ!? しゃら? 
しゃらってナンじゃいぃぃ!!

すかさず天啓一丁オオオオ!!

>黄 檗 事 典
http://www.biwa.ne.jp/~m-sumita/jiten.html

潮音道海 ちょうおん-どうかい
?
1628−1695江戸時代前期の僧。寛永5年11月10日生まれ。
黄檗(おうばく)宗。

山城(京都府)万福寺に隠元隆g(りゅうき)をたずね,その法嗣木庵性?(しょうとう)の弟子となり,のち法をつぐ。
寛文9年上野(こうずけ)(群馬県)館林(たてばやし)藩主徳川綱吉にこわれ,広済寺をひらいた。
元禄(げんろく)8年8月24日死去。68歳。肥前小城郡(佐賀県)出身。俗姓は。号は南牧樵夫。

何を隠そう! コイツの本名も・・・

・・・!! 越楠田(楠田)ちゃんだあああああ!・・・

さらにぃぃぃー!! ガチで偶然!? 選んだ越楠田家の墓はああああ!
ココだあああ! ハイ来ました! 

大龍寺(だいりゅうじ)!!

 大龍寺 黄檗宗宇治万福寺の末寺で元瑞雲山巌松寺と称し、河内地方では珍しく黄檗伽藍の雰囲気を伝える寺院です。
貞享3年(1686年)夏、かんばつが続いたため、奉宗禅師が雨乞いをしたところ、たちまち雨が降り大龍が宮中に現れたというところから寺号を大龍寺としました。
アクセス近鉄石切駅下車、北へ約1.5km  

ちなみに、役小角の像 祠あって  ワタシが一言!!

誰やねん?コイツ?!  したら
ガイコツ猿(仮母)が一言

・・・・・・ぎょ 行者さん。・・・?   

>アバウト過ぎます!  (あの人誰?!   会社員って言うかね!)
Posted by 総裁越楠 at 2011年06月17日 20:06
オクトさん、え、え、何が、どこが???(恥)
歌ならコピっただけなので、誤り箇所が判りません(笑)
アホですから。
Posted by 破地獄の種子 at 2011年06月17日 20:13
あ、今判りました。
Posted by 破地獄の種子 at 2011年06月17日 20:19
・・・潮音道海・・・またですか。
わたしも閣下とあった年に、先代旧事本紀大成経と神仙組の因縁を調べたくて、小川龍氏の「高僧 道海と消された経典」という本を読みました。
黄檗宗繋がりで・・・

しかも小川氏の著作に「賀茂の半月」というのもあるのですが、それが真言立川流を行った女官の話だったと記憶するのですが、今、確認できませんでした。

こうなってくると、ややこしい話になってきますね。
破地獄さん、どう思います?

私達は真理に向かって螺旋階段を登っていってるのでしょうが、果たして終わりがあるのかないのか・・・
シンクロに見舞われたときは、笑って乗るしかないですね。
シンクロサーフィンみたいな・・・
Posted by オクト at 2011年06月17日 20:29
役小角は役行者(えんのぎょうじゃ)ともいうので、行者さんで通じるのかもしれませんね。
この方はかなりなキーパーソンです。

北口本宮富士浅間神社にも鎮座してました。
富士も役行者が開山?したらしいです。
先達さんがおっしゃってました。

神変大菩薩とも言います。
わたしの中では最高位かもしれません。
Posted by オクト at 2011年06月17日 20:39
もうカラダ痛いし、止めようと思ったけど 

でも種子さんが、シンクロつらそうだ。

だから、だから、
みんなの笑顔が、見たいから!!

捨て身の!天啓一丁オオオオ!!

>第六天榊神社 

もともとは、織田信長も自称していた第六天魔王(他化自在天)を祀っていたが、神仏分離に際し、第六天の名から、記紀で天神第六代とされた。

体の整い足る神、國の整い足る神

第六天は伊弉諾尊(いざなぎのみこと)を救ったとの古事から道陸神(どうろくしん)の名があり、系図的には天照大神の祖父母の関係にあたる。

●榊神社のシンボルマークは、七曜星(壁紙の模様 七ツ星)として、北斗七星を意味する。

http://jinjajin.jp/modules/newdb/detail.php?id=110

>信長は尾張族 

尾張中島連 閣下 越楠

滝神=不動明王、ワタシの生まれるキッカケの教会 白瀧不動明王

白瀧不動明王は すなわち伏見稲荷 全体のコトなり!?

ワタシは、生まれ変わりだから、壮絶な禊ぎを、負わされている者なり

桜神=吉野?、水源神= 石宮龍王 


限界   後は よろしく

>フザケは、壮絶な マコトの天啓なり
Posted by 総裁越楠 at 2011年06月17日 20:45
白滝不動明王は伏見稲荷なのですか・・・

確か白滝だったと思うのですが、三重県鵜殿村に高名な行者がいて、実家のことでお世話になったことがあります。
1999年の暮れでした。

その方は妹で、姉が伊勢でやはりオガミをされているとのことでした。
本尊は白滝不動明王だったと思います。

破地獄さん、これらの神の名前の中心はやはり瀬織津姫なのですか?

わたしは・・・名前が欲しいのです。
神の名前が・・・
Posted by オクト at 2011年06月17日 21:06
越楠さん、お疲れ様でございます(笑)
まだ休まないで下さ〜い(笑)僕の戯言を押し付けちゃいます(笑)


オクトさん、円空の時代、伊雑宮には瀬織津姫(天照大神荒魂)をまつる伝承は消えておらず・・・調べた知識ですが、これを支持します。

役小角は走湯権現を崇尊していた・・・走湯権現とは、これもまた瀬織津姫に繋がってきませんか!?

何でも繋げてすいません(笑)瀬織津姫という名前に拘ってるのではなく、古より崇尊していた目当てはそこに繋がるのではないかと思ってます。

封印されたなら解かねばならぬ!!越楠さんにお任せします。(笑)
Posted by at 2011年06月17日 21:06
↑すいません僕です(笑)
Posted by 破地獄の種子 at 2011年06月17日 21:08
岩手県遠野の白滝不動尊は間違いなく瀬織津姫・・・らしいです(笑)

ネットで調べてばっかで、閣下に叱られそうです。(反省)
Posted by 破地獄の種子 at 2011年06月17日 21:28
役小角は昼は伊豆、夜は富士山で修行とあります。
そのルートは、閣下も行かれた地獄穴(でしたっけ!?)に繋がっているかも・・・
Posted by 破地獄の種子 at 2011年06月17日 21:39
そう言えば、僕が吉野に言った時に「吉水神社」と言う、
世界遺産にも登録された歴史ある神社を訪ねました。
後醍醐天皇、源義経、楠木正成、豊臣秀吉ともゆかりがあり、
その神社の中に色んな物が展示されてありましたが、
僕はその中のとある木像が目に入り何かは分かりませんでしたが、
しばらく、そこに正座をして木像を眺めていました。

それから、中三の時に英語の先生に吉野に行った事を言うと、
「お前みたいな人が吉野で修行しとったらしいけど、
役小角って言う呪術を使った行者やねけど・・・」
と言って、僕がそのずっと眺めていた木像が、
役小角だった事が後から分かりました。
と、色々と奇妙なシンクロでした(笑)
Posted by 真薩供 at 2011年06月17日 21:58
鬼将軍さまこんにちは、ブログに問い合わせのあった日本列島の画像は閣下のでしたか!?僕も拝借しようと思ってました。閣下、頂戴いたします。

さて、
空海―行基―伊豆・・・瀬織津姫(笑)

この辺りも繋がりそうですよ。
Posted by 破地獄の種子 at 2011年06月17日 22:08
オクトさん!!
大聖歓喜天=十一面観音・・・という事は瀬織津姫(しつこい)

立川流が繋がってしまいましたぁ!!(驚)
Posted by 破地獄の種子 at 2011年06月17日 22:30
ありがとうございます。

4月に吉野に行ったとき、閣下が蔵王堂の中に入られている間、わたしはお守りやお札を見ていました。
その中に五岳真鏡のプレートがあり、見ていると、前に座っておられる僧の方がていねいに説明してくれました。

吉野の山中を先達さんが歩かれる時、お付きのものが持つ五岳真鏡のミニチュアでした。

ー蔵王堂で一番偉い先達さんのお付きの者が持つのですよ。

大峯奥駆けはたくさんの人がいろんな念を持って歩かれるので、それらから先達をお守りするものだという言葉が、ちょうど閣下をお連れしているわたしが、これで閣下をお守りしなさい、と言われたように感じて、頂戴しました。

それを富士にも持っていきました。

筒屋さんで富士の先達さんとお話していると、先達という言葉で、富士登山にお守りのようなものがあるのだろうかと思って、その質問を言葉にしているうち、富士の8合目以上は、自分との闘いだろうから、そのような念が滞留できる環境ではないのだろうと思い直しました。

閣下は、わたしのお供なんて必要ないのかもしれませんが、わたしは2年前から、単独で無防備な閣下のお供志願です。

神の名前は、富士の8合目以上は無意味なのかもしれませんね。
わたしの神は、閣下なのでしょう。
わたしの瀬織津姫は、閣下ですね。
大祓祝詞の、罪穢れを引き受けてくれる瀬織津姫は、わたしにとっては閣下です。
そう気づきました。
Posted by オクト at 2011年06月17日 22:32
そうなんですよ!!
瀬織津姫=ルシファー・・・閣下!!!
これが、僕の最終結論です。
Posted by 破地獄の種子 at 2011年06月17日 23:04
19日まで続くと思っていたけど、今夜、結論に至りましたか・・・

大祓祝詞は天孫降臨以降、人々が地に満ちてくると、罪穢れが蔓延するから、天津祝詞の太祝詞ごとを唱えなさいと説いています。
そうすれば、瀬織津姫が川の上流から大海原にそれを流してくれると。

玉置で閣下と御祓いを受けた時、神職の方がそう解説してくれました。

閣下は予言になっていると言っていました。
聖書の予言に対する回避のようですね。

瀬織津姫は、それほど救いに関する重要な神でありながら、立派な本殿に祀られているケースはまれではないでしょうか。

水の流れる音、川の流れに瀬織津姫を感じるこの頃です。
Posted by オクト at 2011年06月17日 23:43
そうですね、もっと瀬織津姫ゆかりの神社に参拝しようと思います。
というわけで、以下の閣下の記事はとても重要です!!

http://messiah666.seesaa.net/article/191813415.html

http://messiah666.seesaa.net/article/191803681.html
Posted by 破地獄の種子 at 2011年06月18日 00:31
さてと いろんな天啓の種子が、散らばってるようなので、喰らって
天啓に変換して行きますか!

皆様の考察コメントの中には・・・? ハジケ(ギャグ)に関する感想が、ないのが淋しいが、無理もない。チョー真剣だからさ!!

でも、まだ気付いていない。ハジケ天啓の真の実力を・・・。

>鬼将軍さま、ハジケ天啓 如何ですか? 

さて マサツグさまのツグは 次いでいく 嫁いでいく
すなわち トツギーノ! 父母を同じ祖先になるには、
トツギーノ トツガレーノ トツギーノ! この意味はズバリ!
http://www.youtube.com/watch?v=hh6jnIcEPhQ

>鬼将軍さまも。ワタシや閣下と同じ 同じ祖の末裔!?
鬼将軍さまは 軍事力 
総裁越楠は 霊的権威
獣閣下は 天皇 政治 経済

>役小角は忍者の祖!? 
役小角が変化すると 寅 になる!! だから 男はつらいよ寅次郎!!

源義経、楠木正成、豊臣秀吉 皆 忍者の流れ!!

徳川家康の誕生日!1月31日(仮面ライダーパース)は、 寅年 寅月 寅の刻?!パースは誕生日 パースは阪神タイガース

秀吉の家紋は 生命の樹 カバラ

トラトラトラの作戦名は、聖徳太子から!!
Posted by 総裁越楠 at 2011年06月18日 03:15
ハイ次は、

ゾウさんが好き?!=大聖歓喜天=十一面観音

http://www.harusan1925.net/0629.html 阿倍野区 松虫 実家の超近所

松虫塚白龍神社= 聖天さん?

グンダリ明王?! 蛇のやつ 
Posted by 総裁越楠 at 2011年06月18日 03:22
みなさん、おはようございます☆
夕べはエキサイトしましたね〜
閣下の御前で繰り広げられるショーを楽しめたでしょうか?
わたしはとても楽しかったです。

総裁越楠さま、トツギーノ・トツガレーノはすぐお嫁サンバだと分かりましたよ!!
鬼将軍まで巻き込んで、総裁の引き回される山車から怒涛の如くに情報が流出するので、さすがにクールな破地獄さんも上流のダム決壊しそうな危険水位まで行きましたね〜

わたしは激流の中でも、閣下と離れないように必死でした☆

割れても末に 逢わむとぞ思ふ ですから。

増水した川はまだ濁流ですが、雨はもう止んでいることを期待します。

総裁越楠さま、件のお宅のお庭の祠の3つの石なのですが、おなじ種類ではないみたいですね。
おまけにひとつだけは、あたかも三種の神器のように誰の目にも触れてないのですか?
それは・・・開けて見なければいけませんね。

だいたい3というのは神聖さを意味し、カバラでもsupernal triad というくらいです。
日本神話においては、中心に天御中主神、両側を高皇産霊神と神皇産霊神の3柱がありますものね。

その石、見たいですね。。。
Posted by オクト at 2011年06月18日 09:55
日本書紀に於ける造化三神の筆頭(中心)は国常立尊(ルシファー)ですね^^
奈良県橿原市に国常立神社というのがあるみたいです。
http://www.norichan.jp/jinja/shigoto/kuninotokotachi.htm
Posted by 獣 at 2011年06月18日 17:38
閣下。

石の話ですが、閣下はそう記憶されてないんでしょうけど、わたしはずっと、越楠さんと石を意識させられてましたよ。
石といっても、祠の石ではなく、富士の川の石ですが。
あなたが持っていた石を、わたしはずっと目にしていたのですから。
閣下が不在で、わたしと石だけになった時間もあったのではないでしょうか。

青木が原樹海ー磁鉄鉱ー石ー越楠さん・・・閣下がわたしに暗示を与えたのですが、あなたはその意識はなかったのでしょうね。

あれからずっと石がわたしの頭の中にいます。
Posted by オクト at 2011年06月18日 20:25
国常立尊=ニギハヤヒ!?、地

高おかみ=闇おかみ=瀬織津姫(宗像三女神!?三位一体で同一)、天

ニギハヤヒ=瀬織津姫で表裏一体、夫婦!?と無理やりこじつければ国常立神社も二つ並んでいるのが解釈できますね・・・・貴船神社と鞍馬寺も二つで一つ・・・とか

あー、もうこの辺にしときます(笑)スルーしてくださいスルー!!!

Posted by 破地獄の種子 at 2011年06月18日 21:24
いやいやいやいや〜ど〜もど〜も… 先日は、お騒がせしました。

天啓入り過ぎると、自我が飛んで、真我に超新星爆発みたいな反応なるんで ハジケまくりになります。したら、思いつきのフザケが天啓になり、予想外のキーワードを発見できたりします。それがハジケ天啓です。

>江古田ちゃん 鳥居みゆき 鳥居 神社 巫女 神託すなわち天啓 

>オクト先生 ワタシは祇園祭の山車ですか!?
そんな、そんな人ですらないなんて・・・って 超アリです!!(最高)
後 トツギーノはバカリズムのネタです。

お嫁サンバ? そんな事言うから また天啓が・・・来た来た来た〜
サンバ!サンバー!サンバ!サンバー!産婆ぁー産婆ああぁ〜!!
ハイ!!天啓一丁オオオオ!!

>輝け!オーロラ!太陽戦隊!サンバルカンッ!!
イーグルシャークパーンサー!空海陸!プラズマ!若さはプラズマ!
バルカンは、三大元素!? 戦隊唯一の三人チーム!
http://www.youtube.com/watch?v=JDDZPZjcYPg

>獣さん、絵画届来ました!(嬉) 実家の玄関に飾らせます!
感謝を込めて、ハイ!天啓一丁オオオオ!!

ルシファー 獣閣下
バアル  鬼将軍
アスタロット 総裁越楠  !?

>オクト先生 最後の石の話は、ワタシでもデリケートな領域なんで、
先生にしか分からない?ようなお伽話にして話しますね。

>種子さん、ボーボボの漫画やアニメ オススメです!
いつか、破地獄さんもハジケリストになるでしょう。(笑)
Posted by 総裁越楠 at 2011年06月18日 21:34
越楠さん、約束の宝石を送り忘れたので、第二弾で土偶と一緒に送ります。

こちらも天啓一丁オオオオ!!

偽獣 猿真似 猿田彦 天狗 富士山 木花咲耶姫 火口 下降 ▼ 鳴戸 成人(霊止に進化)

^^;
Posted by 獣 at 2011年06月18日 22:10
越楠さん
今、トツギーノ見ました。思い出しましたよ(笑)見たことあります。ボーボボ見てなかったんですよね、ジャンプ読んでたのに・・・

成人(ナルト)で人間→人(霊止)ですか!!では成人式とは嘘っぱちですね(笑)

Posted by 破地獄の種子 at 2011年06月18日 22:29
みなさん、お元気そうでさすがお若い。

今日はわたしの安息日にしてくださって感謝します。
おかげさまでゆっくり過ごせました(^o^)

すっかり男組みたいになりましたね。
みなさんでハジケ合ってください。
みなさん、巫女さんみたいですね☆
天啓に撃たれまくってください!!

破地獄さん、まだまだあなたは未知の存在なので、もっともっとお願いします。

総裁越楠さんは、閣下と両面宿儺だと思ってますよ。
祇園祭りの山車というよりは、鬼将軍が引き回しただんじりかもしれませんね。
あ、だんじりについて天啓あれば、一丁お願いします。

閣下、楽しそうですね^^
Posted by オクト at 2011年06月18日 22:36
>土偶 貰えるなんて こりゃ奇遇ですな〜! ゴーグルのメガネ?の宇宙人のヤツですか? ゴーグル?ゴーグル?ハイ!来ました!

天啓一丁オオオオ!

大戦隊!ゴーグルファイブ!
http://www.youtube.com/watch?v=K8jG5C_3kHc

マスクには各戦士のボディカラーと合致しておりまた過去に滅びた5つの古代文明の象徴でもある宝石のレリーフがある  

・・・・ほ 宝石もでちゃった!? まぐれ当たりです。

>獣さん 
金欠病 しゃらくせえ!?から ルシファー募金?とかどうですか?
ドラえもん募金とかあるし、賢明な読者の皆様方から、せめて、十円 百円 果ては一億円!?まで、募金を募ってみては?
閣下さんの、ショボい古本を売って、40円の収入を得たとか・・・
映画化したら、全米が泣きます。全世界が泣きます。電子頭脳のワタシでも泣きます(泣)  

土偶 待ってます!(笑)
Posted by 総裁越楠 at 2011年06月18日 22:48
成人式は予型(予祝)ですね!
実際には、成人せずに他界していく老人も多いのです(笑)

獣にもサンバの天啓が降りましたー!

サンバ 三羽烏 裏天皇 総裁楠越 

生活費募金は集まらないと思います^^;
やはり本物商品の密売に力を入れていこうと思います(笑)
Posted by 獣 at 2011年06月18日 22:59
あらよ!天啓一丁オオオオ!!

>だんじり 
だんじりは総欅造り 黒檀等を装飾的に用いることもある 欅には女神が宿る 

約300年の歴史と伝統を持つと言われており、1703年(元禄16年)、当時の岸和田藩主であった岡部長泰が、

京都伏見稲荷大社を岸和田城三の丸に勧請し、五穀豊穣を祈願して行った稲荷祭を始まりとする説に基いている。なお、それ以前から行われていた牛頭天王社(岸城神社)の祭礼から発展したとする説もある。

岸和田型の「下だんじり」と、それ以外の「上だんじり」

ハイ!出ってきたよ〜!伏見稲荷や牛頭天王が、出ってきたよ〜!

疲れた ひとまず退却!
Posted by 総裁越楠 at 2011年06月18日 23:06
欅には女神・・・欅の古称は槻(ツキ)、欅にも縁深くツキ榊ということは・・・・もういいや(笑)
Posted by 破地獄の種子 at 2011年06月18日 23:23
ったく 手間とらせやがって! 心折れてんじゃねぇぇぜ!

いくぞ!天啓一丁オオ!!

>けい‐げつ【×禊月】
《3月3日に禊(みそぎ)を行うことから》陰暦3月の異称。

また 3 かよ!?

後は まかせた。 

手当たり次第 気になるキーワード 叩きこんでくれ!
キミならできる!だって未知数だから。
Posted by 総裁越楠 at 2011年06月18日 23:43
ハッ!!精進します、隊長!!(笑)
Posted by 破地獄の種子 at 2011年06月18日 23:52
総裁越楠さんに降りる天啓って・・・祠の石を経由してなのかしら・・・?

破地獄さん、あなたのさっきの途中で止めたコメントで瀬織津姫の美しい名前を見たくて、天照大神荒御魂で検索してみました。
たまたま一番にあったサイトに行ってみて、読んで、自分のしている意味を考えて、今はほんの序の口なのかもと思いました。

http://members3.jcom.home.ne.jp/sadabe/oni-megami/oni-megami-6-5.htm

あなたが瀬織津姫に帰結する理由は、もっとドロドロしたものなのではないですか?

解が一致していくのは、神がそうさせているからだと思います。
では、瀬織津姫なる神は、あなたやわたしを遣って、何をさせようというのでしょう?
神の目的は、閣下なのですか?
Posted by オクト at 2011年06月19日 01:09
なんだ。槻ツキって字を、禊って勘違いしちゃた。まっ〜いいや!
なんか解ったし。

>破地獄の種子 その未知数?の特殊能力とは・・・・!

おぉ! 破っちゃけた!(閃いた!)すなわち

言葉に隠された 読み 意味 発音 を
真相究明 解明する能力かも?  そんな気がする(無性に)

例えば

槻 部首: 木 + 11 画 総画: 15画

中国語槻*ローマ字表記普通話ピンイン: gu? (gui1)
ウェード式: kuei1広東語イェール式: kwai1  

[編集]朝鮮語槻*ハングル: ?文化観光部2000年式: gyuマッキューン=ライシャワー式: kyuイェール式: kyu

なんか分からんけど、
種子は梵 すなわち 音 言霊!?言霊解析のプロ!?

>ワタシは越楠!総裁越楠!
 宇宙の偉大なるスペースブレイン!なのに・・・隊長って(泣) 
わざとか天然か?  恐るべし未知数、。
Posted by 総裁越楠 at 2011年06月19日 01:10
オクトさん、ドロドロ!?清流の如くですよ(笑)この場にコメントしている以上、閣下に直結していると信じてますよ!!

総裁!!大変失礼致しました。
ノリですノリ(笑)天然です。画数の解説さっぱり分からんです(笑)言霊解析とは畏れ多いっす。「観音」です。これも畏れ多い(笑)
スペースブレイン=天脳!!!
裏天脳ぉぉぉ!!!!

後は気になるのが、聖徳太子。
総裁、深く深く掘り下げてみてください。(敬礼)

Posted by 破地獄の種子 at 2011年06月19日 01:31
>天啓は石から? 言っても、長年かかって会得した技なんで、
もしかしたら、龍王がアバターのワタシに 天の啓示? 
早く解いてくれ?みたいな。

楠正成 セオリツヒメ 祭神 祖神 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BB%BA%E6%B0%B4%E5%88%86%E7%A5%9E%E7%A4%BE

>ドロドロ? 千と千尋の神隠しにおった くされ神 天照大神?

ワタシの体も、よく似た病気 症状です。 

ワタシは、カオナシに 凄い似てると当時、言われました(笑)
Posted by 総裁越楠 at 2011年06月19日 01:32
ワタシは天照大神なんかじゃない!?

ワタシの本当の名は

瀬織津姫 !!

言っちゃたああー! 言っちゃたああー! 訳も分からす

言っちゃたあああ!! 

だって なんだか だって だってなんだもん!?

つまりー ワタシがエックスライダーで アポロガイストは 偽物天照大神 そして 正義のアポロガイストは

獣閣下だあああああああ!?  だから対立する二人のキリストは

闇の帝王 キングダークと戦うのじゃあああああ!

>神よ 龍王様よ コレデスカ?

少しでも カラダ マシにして下さい。

ちゃんとガンバルンバするから

>ハジゴクよ! これがハジケ道じゃあああああ!
http://www.youtube.com/watch?v=lUaMDJBJIKA&NR=1
Posted by 総裁越楠 at 2011年06月19日 02:48
Posted by 総裁越楠 at 2011年06月19日 02:58
なんじゃあああああ!? こりゃあああああ!? by松田優作

http://blog.livedoor.jp/kaientaip/archives/51566360.html

カゴメなの? やっぱカゴメなの? 

カゴメって なんじゃああい!? 

ニギハヤヒ?! ニギったろか!コラア”アアアア!?
Posted by 総裁越楠 at 2011年06月19日 03:10
以下 破水!? 違う 抜粋!!

※青い龍(宇宙の叡智)、黄金の龍(根源)=88=(スターゲート)(ダイナミックループ)=64DNA(8*8)=ゼロポイント領域創造(2009)→新サービス(次世代領域)運営(2010)これで、カゴメの謎、”封印”は解けたのである。

籠の中の2羽の鳥、シリウス星系、饒速日命様(=天火明命=天之御中主神)、円空がその生涯をかけ守り通した、瀬織津姫様(マグダラのマリア(=聖女ナダ)の復活です!!

>だから 言ったじゃない!

二人の対立キリストのコメントで、言ったじゃない!

それなのに それなのに 誰も分かってくんないんだもん!

チキショオオオオオー!! 偽物の閣下とか 召喚しちまうし(元気!?)  

こんなこと こんなこと こんなことオオオー!!

・・・・やってられ ます!!

なんかスッとしたああああ!  


 
Posted by 総裁越楠 at 2011年06月19日 03:24
カッカー! 将軍サマー! 

魚雷 ちゃうオクト先生ェー!! そしてナイス天啓の種子をくれた

ハジゴクゥー!! お前のハジは ハジケのハジだぜ〜!

オマエは 男の中の男だぜ〜!

>全部 書いてる。 なんか全部かいて〜るよ!

エジプトも 伏見稲荷の眼力さんも 書いて〜るよ!


つーる(五芒星)(瀬織津姫)(聖徳太子)(女性性)とかーめ(ダビデの星・六芒星)(饒速日命)(空海)(男性性)が統べった(統合した)ーうしろーのしょうーめんだーれー(月読尊)

【弥勒菩薩】※日食において太陽を後ろにして月が正面に見えるので、「日」の後ろの正面が「月」であると考えるのです。※2饒速日命と瀬織津姫の男性意識と女性意識の表裏一体・統合した神の名称が【弥勒菩薩】なのです

「籠目・ラーの目・プロビデンスの目」 「かごめ」=籠目紋で(高次領域光ネットワークのグリッドライン)

からくり=カラ(空・○)・クリ(九理)=九○=九理・十理

ゆるす=「ゆ」YOU(他の存在)・「る」留(留める・受容)・「ス」(自身の中心)

ホログラムの理解=統合意識=ゆるす=かごめ歌=十理=〇ゝ

「籠目・かごめ」とは、エジプトのミイラの棺・ひつぎに描かれている、籠に乗せられた「神の目・ラー」の意味であり、日本の神である「伊弉冉命・いざなみのみこと」の目から誕生する「天照」の目と、「月読み」の目の働きを意味している。其の目が、「五芒星・ごぼうせい」の中に描かれている片目(片目の鷹・ホルス)であり、アメリカのドル札に描かれている目なのである。其の目は、「宇宙の目」であり「神の目」であり「全ての事を見通す目」である。其の目こそが、「くしみけぬのみこと・通見氣主命」の目であり、「素目王・すめらのみこと・天皇」の目なのである。
Posted by 総裁越楠 at 2011年06月19日 03:49
注意:以降の記述で物語・作品・登場人物に関する核心部分が明かされています。

だから      下 から読んじゃ ダメよ。

by   総裁越楠
Posted by 総裁越楠 at 2011年06月19日 03:59
>エックス エックス 越楠! 

巨大な悪の組織 ゴッドによって、父と共に殺された神 敬介は

瀕死の父の手によって

仮面ライダー エックス(越楠)として,蘇った!(キリスト?)

その使命は、

世界の平和と 偽悪を守るため 

敢然と、謎のゴッド機関と、闘う のであった!!

http://www.youtube.com/watch?v=0Y8AK4pZwRM&feature=related

http://ja.wikipedia.org:80/wiki/%E4%BB%AE%E9%9D%A2%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%80%E3%83%BCX#.E5.A4.89.E8.BA.AB.E3.83.97.E3.83.AD.E3.82.BB.E3.82.B9

>だからぁー だからぁー!

ワタシのコメント さかのぼって

見てあげてぇぇぇ〜!! 

ギャグだって フザケだって 高次元からの天啓だったんだから〜!!

だから

トツギーノからの 総裁越楠 獣閣下 (鬼将軍サマーだって?)

のガッチャマンの動画の流れの クライマックス感とカタルシス感を

是非 是非 分かってあげてぇぇぇ!!

>とにかく 一件落着!!(悦)  (まだ なんか色々あんのかな?)
Posted by 総裁越楠 at 2011年06月19日 04:32
おはようございます!!
ああ、いいですね。
自分が寝ている間に誰かが進めてくれている感覚。
世界を信じたくなります。

ところで総裁越楠さん、魚雷ってわたしのことですか?
わたしのイメージって、そんなんなんですか〜
漫画では、魚雷はドンパッチが打ちこむんでしたっけ?

今やこのコメント欄の磁場は、ぼぼぼーぼ・ぼーぼぼーと化したのですね?

天啓、ちゃんと読んでいますよ☆
わたしは一度目を通したら、あとあとその言葉が啓示のように降りたり、シンクロを起こしたりするので、今すぐに反応できないことは大目に見ていてください。

総裁の信念は伝わってきてるので、この流れは必然なのでしょう。
破地獄さんの名前も効いたみたいですね。
この破地獄の種子=シュタンという真言はとてもすごいですね。
また、破地獄さん自身、重要局面に於いてしか登場しません。
また鬼将軍もそんな時は戦況の把握に徹しているのか、非常に静かです。
なかなかこの戦線は誰の指揮で動いているのか、読めないですね。

霊の戦い=認識の戦いだと思っています。

破地獄さん、ドロドロというのは、戦いの理由があなたにもあるのだろうという意味です。
それでなければ、こういう展開にはならないでしょう。
今、神の目的は閣下、そして総裁だと想定しています。
結果は鬼将軍に現れると。

今日は6月19日。
太宰治の誕生日にして遺体が上がった日、桜桃忌です。
禅林寺には、毎年たくさんのファンが御参りするっそうです。

沖縄戦終戦記念日は6月23日です。
Posted by オクト at 2011年06月19日 09:39
皆さん、僕はさまを付けてもらうほどの者じゃありませんよ〜
将軍が既に敬称だし、鬼将軍くんでも構いません〜^^
なんか、ルシファー(閣下)と言う灯火を前に、
僕らが円く集まって夜通しの楽しい語り合いをしているみたいですね〜(笑)
特にこのキャンプファイヤーでは総裁がお元気のようですね〜(笑)

ちなみに今年もだんじりは撮影係に徹したいと思います(笑)
それと、去年ぐらいに太宰治の人間失格を買いましたが、まだ読んでいません(笑)
Posted by 真薩供 at 2011年06月19日 11:13
総裁!!素晴しい!!
答えが出てしまいましたが、結局閣下が説いていることに収まるのですよ。

「神人合一」コレしかないのじゃぁぁぁ!!

首領パッチはドンパッチだったのですね(笑)「シュリョウ」かと思った・・・
Posted by 破地獄の種子 at 2011年06月19日 12:42
皆様、おはようございます。
この度は、皆様の有り難い御好意により、ワタシと、石宮龍王様の
本当の名前 封印されていた名前を 見つける事ができました。
誠に、ありがとう御座いました。 凄く清々しい気分です。(聖)

>ワタシの本当の名前は、 

ニギハヤヒ 青い龍(宇宙の叡智) 石宮龍王 白瀧龍王 伏見稲荷全体 
饒速日命様(=天火明命=天之御中主神)カゴメの亀

宇宙の偉大なるスペースブレイン!
スペースブレイン=天脳!!!
裏天脳ぉぉぉ!!!!(裏天皇)

>龍神が再生した人間と、又龍神が憑依した人間

それは太股・横腹・腰等に鱗の形が表われているのであって、その顕出状態は種々あり鮮明なるもの、朦朧たるもの、
色も赤きあり、黒きあり、千差万別であるが、鱗の形である事は疑い得ないのである。   岡田茂吉全集著述篇第四巻

>途中から、コメントの内容や、雰囲気が
だんだん激変していく様は、まるで、青い龍(天脳?!)が、ワタシに、降臨?して、自分で自分の名前を必死で、捜しているようでした。

>祠の最後の石については、ちゃんと龍王様から天啓、貰ってます。
それは、秘中の秘 の儀式なので言えません。(スイマセン)

オクト先生へ ヒントは、
千と千尋の神隠し です。 おくされ様から・・ カオナシに・・ 最後はハクに・・・? 

>本当に、大きな御用ができました。 ありがとう御座いました!
          
Posted by 総裁越楠 at 2011年06月19日 19:41
総裁越楠さま、こちらこそありがとうございました。

名前って、体に書いてあるわけでもないし、自分がそうだと信じ、他者からも認識されることで、アイデンティティが確定されます。
人間がそうなのだから、神もそうなのでしょう。
何も名前などなく、ただ在って在る者。
人間との関係において、神の名前は必要となってきます。
ないものに言葉を充てた途端、無限の存在から有限の存在となり、その有限が細分化の道を歩み始める・・・そんな感じなのでしょうか。

言葉は美しい。それゆえに罪です。

美しさはつみ〜♪
わたし閣下よりはパタリロに似ている自信はあります。
閣下はバンコランですよね。
そりゃそうでしょ・・・
Posted by オクト at 2011年06月19日 23:26
しかし、ニギハヤヒってそんなに重要な神さまなんですね☆

オニギリとオムスビ・・・ニギハヤヒとニニギとタカミムスビとカミムスビ?

オニギリからオを取るとニギリ・・・寿司?
Posted by オクト at 2011年06月19日 23:47
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。